春キャベツとソーセージのカレー蒸し

たっぷりの春キャベツが食べられる蒸し料理。ソーセージの肉汁がキャベツにしみこみ、カレーやハーブでおいしくいただけます。
③ではキャベツが焦げ付かないよう、たまにキャベツを混ぜるようにしてください。パプリカパウダーやキャラウェイシードは、スーパーのスパイスコーナーで手に入ります。風味がプラスされ爽やかにいただけます。手に入らなければブラックペッパーで代用してくださいね。
2人分
春キャベツ 1/2個
ソーセージ 6~7本
にんにく 1かけ
オリーブオイル 大さじ1
カレー粉 小さじ1
小さじ1/4
ローズマリー 1本
カットレモン 1切れ
パプリカパウダー 少々
キャラウェイシード 少々
切る
キャベツは1.5cm幅くらいにカットし、ソーセージには1/3の深さまで切り込みを入れ、にんにくは大きめのみじん切りにする。
焼く
鍋にオリーブオイルをひき、ソーセージ、にんにく、カレー粉を加えて香りが出るまで炒め、ソーセージはいったん取り出す。
蒸す
鍋にキャベツを入れ塩をふり、ソーセージとローズマリーをのせて、蓋をして7~8分、キャベツがしんなりするまで弱火で蒸し煮にする。
絞る
レモンを絞り、パプリカパウダーとキャラウェイシードをかける。
春の疲れ、キャベツで撃退
南から桜前線が北上し、各地から桜の開花の便りが届く季節になりました。桜が咲いたからといって毎日ポカポカ陽気が続くわけではありません。晴れの暖かい日が続いたかと思うと、低気圧が通過したあとは冷たい空気が日本付近に入り込んできます。春の天気は変わりやすく体に影響を与えるので、疲れがちになります。また春は新生活のスタートでもあり、心身ともに疲労がたまる時期です。

そんな春の疲れを癒すのが、春野菜の代表の一つ春キャベツです。私たちの体は、ストレスを感じるとビタミンCを消耗し、免疫力が下がり体調を崩しやすく疲労がたまります。逆にビタミンCを補給することで免疫力を向上させ体調を整え、疲労感を取りのぞくことができるのです。キャベツはビタミンCが豊富で、葉を3~4枚食べると成人の一日分の摂取量を満たすことができます。

またキャベツには疲れた胃の粘膜を正常にする働きもあるので、ストレスがたまりがちな春こそキャベツを食べて、心身ともに健康でお過ごしください。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ