戻る
  • 体力強化、体や脳の老化防止に有効
  • 豚の角煮
header
「豚の角煮」の画像
所要時間:

(4時間30分。一晩冷蔵庫で寝かす時間は除く)
エネルギー:
617kcal
塩分:
2.3g
※栄養価などは1人分の値。
効能
疲労回復、老化防止


材料
食材 (4人分)
豚バラ肉(塊) 500g
たまねぎ 1/2個(100g)
にんじん(小) 1本(100g)
しょうが 1片
にんにく 1片
A しょう油 1/4カップ
砂糖 1/4カップ
50CC
練り辛子 適量

footer

header
① たまねぎ、にんじん、しょうが、にんにくは薄切りにする。
② 鍋に肉(塊のまま)と①を入れ、ヒタヒタの水を加え、弱火で約3時間コトコト煮る。
③ ②を鍋のまま一晩冷蔵庫に入れる。
④ 表面の固まった脂をすくい取り、ゆで汁を漉す。肉は湯で洗い、表面の脂を取り除き4等分に切る。
⑤ 容器に肉、ゆで汁、Aを入れ、40~50分蒸す。
⑥ ⑤を鍋に移し、約20分煮て照りをつける。
⑦ 練り辛子を添える。
footer

header
角煮はもともと中国料理で、宋代の有名な詩人、蘇東波(そとうば)が好んだとされているため「東波肉(トンポウロウ)」とも呼ばれています。長崎の家庭に馴染んだ料理のため、家庭ごとに「我が家流」があり、おふくろの味として親しまれています。主客ともに同じ食卓を囲む「卓袱料理」の中心になる料理で、箸で切れるほどのやわらかさになるまでコトコト煮るのがポイントです。
footer
header
豚肉は牛肉の約10倍ものビタミンB1を含んでいるため、疲労回復に有効でイライラや肩こりなどを予防する働きに優れている肉です。たんぱく質はアミノ酸バランスに優れ、ビタミンA・B2・Eも豊富に含まれているため、体力が強化されて体や脳の老化予防に有効です。練り辛子の辛み成分が胃液の分泌を高め、食中毒の予防に働きます。脂肪の多いバラ肉は茹でて脂を落としてあるので、脂肪過多を心配することなく食べることができます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ