戻る
  • 体力が強化され、生活習慣病予防に効果を発揮
  • 船場汁
header
「船場汁」の画像
所要時間:
30 分
(サバに塩を振り身を締める時間は除く)
エネルギー:
112kcal
塩分:
1.4g
※栄養価などは1人分の値。
効能
体力強化、生活習慣病


材料
食材 (4人分)
サバ 300~400g
大根 5cm
ねぎ 1本
A 少々
大さじ1
薄口しょう油 大さじ1
しょうが汁 適量
好みで適量

footer

header
① サバは大きめの筒切りにし、塩を振り、約1時間置いて身を締める。塩サバの場合はそのままでよい。
② ①のサバを熱湯にさっと通し、水洗いをして汚れをキレイに落とす。
③ 大根は短冊切りにする。
④ ねぎは斜め薄切りにする。
⑤ 鍋にサバ、大根、水3カップを入れて火にかけ、大根がやわらかくなるまで煮る。目安は20分。
⑥  Aで味を調え、しょうが汁を加える。
⑦ ねぎを加えてさっと火を通す。好みで酢を垂らしてもよい。
footer

header
船場汁は、商人の町、大阪船場で生まれたサバのアラで作る汁物です。船場の商家では丸ごとの新鮮なサバを買い求め、身の部分は主人とその家族が食べ、使用人は残ったアラでだしを取り、大根を加えて汁物を作り食していたと伝えられています。残り物ですが船場汁は体の温まる栄養価の高い汁物です。使用人の日常食はアラを使った船場汁など、残り物を利用した料理が多かったのですが、月の1日と15日の夕食にはサバやイワシなどの青魚を食べたといわれています。船場汁はうまい・安い・栄養があるという大阪生まれの合理的な料理です。
footer
header
サバは体のもとを作るたんぱく質を豊富に含み、脂質は不飽和脂肪酸のEPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)で、EPAは血管を丈夫にして血栓を予防し、DHAは脳の働きを活発にして記憶力向上に働きます。大根は加熱すると胃腸を温めて消化吸収を増進する働きがあるため、サバと一緒に取ると、体力が強化され、生活習慣病予防に効果が発揮される食べ合わせになります。ねぎ特有の辛み成分のアリシンには血行をよくして体を温める作用があります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
せきやたん、喉の痛みに効く「大根あめ」
ビタミンCが豊富な大根は昔からせきやたんを鎮静する食材として利用されていました。風邪によるせきやたん、喉の痛みによく効きます。
[作り方]
大根はよく洗い、皮ごと薄いイチョウ切りにする。ビンに大根を入れはちみつをヒタヒタに注ぐ。大根から水が出て浮き上がってきたらできあがり。大根を取り出して、透明な液を飲む。1回に飲む分量は小さじ1杯位で、1日数回飲むとよい。冷蔵庫で保存する。

ニキビに効く「大根のおろし汁」
毛穴に皮脂が詰まり、細菌が感染するニキビは、まず、清潔にすることが大切です。大根をおろした時の特有の辛みは硫黄を含んだ化合物で除菌効果があり、脂肪を分解する効果もあり、ニキビ退治に効果的です。
[作り方]
大根をおろす。カーゼにおろし汁を含ませ、ニキビの部分に4~5分付ける。顔を洗ってから付けるとよい。湯上りだと毛穴が開いているので効果的。

ひきはじめの風邪に効く「ねぎの味噌スープ」と「ねぎの絞り汁」
長ねぎに含まれる硫化アリルは、発汗・解熱作用があります。風邪の初期には悪寒がして熱が出ないことが多いので、ねぎの薬効で体内を温め発汗を促します。
[作り方]
●ねぎの味噌スープ
ねぎ1本の白い部分を細かい小口切りにしてカップに入れる。小さじ1の味噌と熱湯を注ぎ、1日数回飲む。
●ねぎの絞り汁ねぎ3本をさっと湯がき、細かく刻む。ガーゼに包んで絞ると黄色い液が取れる。この液を就寝前に飲む。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ