戻る
  • ダイエット食としても優れている
  • だぶ
header
「だぶ」の画像
所要時間:
50 分
エネルギー:
273kcal
塩分:
3.8g
※栄養価などは1人分の値。
効能
コレステロール低下、免疫力、ダイエット


材料
食材 (4人分)
凍りこんにゃく 3枚
干ししいたけ 3個
れんこん 150g
こんにゃく 1/2枚
鶏肉 100g
たけのこ 150g
にんじん 50g
揚げ豆腐 1/2丁
かまぼこ 90g
花麩 1/2袋
だし汁 (しいたけの戻し汁を加えて)6カップ
A 砂糖 大さじ2
薄口しょう油 大さじ4
みりん 小さじ1
大さじ4

footer

header
① 干ししいたけと凍りこんにゃくは水で戻し、1cm位の角切りにする。
② れんこん、こんにゃく、鶏肉、たけのこ、にんじん、揚げ豆腐、かまぼこは1cm位の角切りにする。
③ 鍋にだし汁と材料を全部入れて火にかけ、中火で煮る。目安は20分。
④ 具材に火が通ったらAを加える。
footer

header
「だぶ」は、不祝儀の時に集落の人々が共同で作ってきた佐賀県の郷土料理です。煮崩れしやすい材料は使用せず、水をざぶざぶと多く入れて作ることから、「ざぶざぶ」が「だぶ」となりこの名で呼ばれるようになったといわれています。祝儀の時には材料を四角に、不儀の時には三角に切り、味つけも祝儀の時には砂糖を使わず、不儀の時は味が不足するので砂糖を入れて作るともいわれています。
footer
header
凍りこんにゃくは、食用こんにゃくを凍結させて乾燥させたものです。こんにゃく同様、主成分は水溶性の食物繊維のマンナンで、腸のぜん動運動を活発にし、血中コレステロールの上昇抑制に働きます。鶏肉・揚げ豆腐・かまぼこのたんぱく質と脂質、干ししいたけのビタミンD、にんじんのβーカロテン、れんこんのでんぷんなどが、体の機能を整えて免疫力強化に働きます。食物繊維も豊富に取れるため、腸内の環境が整えられ、動脈硬化・高血圧・脂質異常・糖尿病などの予防食として、またダイエット食としても優れています。

●「凍りこんにゃく」
凍りこんにゃくは普通の食用こんにゃくを薄切りにして藁の上に並べ、一晩、約2~3時間おきに水をかけて凍らせ、カラカラに乾燥させた保存食品です。「凍み蒟(しみこん)」とも呼ばれ、風味は生のこんにゃくと異なり、水で戻してから煮物の材料にしたり、豆などと一緒に煮て食します。山形県や茨城県などの地域で、昔から冬の夜間の寒さを利用して生産されていましたが、生産量は年々減少しています。主成分は食物繊維のマンナンで腸内の便の排出を助け、血液中や肝臓内のコレステロール上昇を抑える働きを持っています。カロリーをほとんど含んでいないため、ダイエット食品としても有効です。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ