じゃがいもカスタードのタルト

じゃがいもがカスタードクリームになりました。お口の中でとろけるじゃがいものクリーム。安らぎのティータイムにぴったりです。
タルトカップは直径5cmの市販のものを使用しました。スーパーや製菓材料専門店などで、300円前後で販売されています。お好みでチョコやマゼランでトッピングをすると可愛く仕上がります。
①で普通の鍋で蒸す場合、竹串がすっと通るくらいまで柔らかく蒸してくださいね。
6個分
じゃがいも 2個
A 生クリーム 大さじ1
きび砂糖 大さじ3
卵黄 1個分
1つまみ
タルトカップ 6個
蒸す
じゃがいもは適当なサイズにカットし、圧力鍋で5分加圧で蒸して、圧力が抜けたら皮をむく。
ミキシング
じゃがいもとAを加えて、ミキシングする。
絞る
星口金のついた絞り袋に入れ、カップに巻くように絞る。
焼く
あらかじめ余熱したトースターで5分ほど、少し色づくまで焼く。(600w)
紫外線のダメージに気をつけよう
5月に入ると気候も安定し、晴れる日が多くなりました。このころになると日差しも強まり、日焼け止めクリームのCMも多く見かけるようになります。日焼けは夏だけと思っていたら、要注意。美しいお肌と健康を守るためには早め早めの対策が必要です。

地上に降り注ぐ紫外線はUVAとUVBに分けられます。まずシミやそばかすの原因となるUBVの量は、上空のオゾン層に左右されるため8月が最大です。一方UVAは、太陽エネルギー量と比例するため6月の夏至が最も多くなりますが、このころは梅雨時期で晴れ間が少ないため、地上に降り注ぐ量は5月と7月に最も多くなります。
UVAはお肌の深いところまで入り、コラーゲンを破壊するため、シワやタルミの原因となりますので、この時期からしっかりと対策をしてくださいね。

肌弾力のコラーゲンの生成を促すのが、ビタミンC。とくにじゃがいものビタミンCはでんぷん質に守られているため、加熱しても損失が少ないのが特徴です。おいしく食べて、お肌の健康を保ちましょう。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ