戻る
  • 生活習慣病が予防され、体力がつく
  • 焼きサバ入りたけのこごはん
header
所要時間:
60 分
エネルギー:
525kcal
塩分:
1g
※栄養価などは1人分の値。
効能
生活習慣病、体力強化


材料
食材 (4人分)
3カップ
たけのこ(ゆでたもの) 200g
焼きサバ(身をほぐしたもの) 100g
だし汁 3カップ
薄口しょう油 大さじ1と1/3
大さじ1
小さじ2/3
だし汁 大さじ4
薄口しょう油 大さじ1
砂糖 小さじ2
小さじ2
粉山椒 適量

footer

header
① 米は研ぎ、Aと焼きサバの身を入れて炊く。
② たけのこは3ミリ厚さのくし型に切り、Bで汁気がなくなるまで煮る。
③ ごはんが炊けたらすぐにたけのこを入れ、ふたをして約10分蒸らす。
④ 粉山椒を振り入れながらサックリ混ぜる。
⑤ 器に盛り、木の芽を飾る。
footer

header
焼きサバ入りたけのこごはんは、兵庫県丹波地方に伝わる郷土料理です。丹波地方は良質な黒豆の生産地として有名ですが、かつては日本海で水揚げされた新鮮な魚をなかなか食べることができない地域でした。浜で素焼きにした「焼きサバ」や、塩を多めに振った「塩サバ」を食べることが多く、そのような食環境から生まれたのが焼きサバ入りのたけのこごはんです。たけのこは、米と一緒に炊き上げる場合と、別々に炊いて後から混ぜるやり方があります。
footer
header
たけのこは竹の地下茎から出た幼茎で古くから食べられていた食材です。約90%が水分で栄養価はさほど高くありませんが、アミノ酸のチロシンやカリウムを多く含んでいます。チロシンは新陳代謝を活発にし、カリウムは利尿作用を発揮して高血圧やむくみ予防に働きます。サバは体のもとを作るたんぱく質やエネルギー源となる脂質を豊富に含み、古くから栄養魚として食べられていた青魚。たけのことサバを一緒に取ると、動脈硬化・脂質異常・高血圧などの生活習慣病が予防され、体力のつく食べ合せになります。
footer


05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ