ズッキーニとトマトのマヨチーズ焼き

夏野菜のマヨチーズ焼き。火を通した柔らかいズッキーニとトマトの食感、チーズのうまみと塩けがうれしく、主人のお気にいりの夏料理です。
チーズはお好みのものを合わせて利用してくださいね。ハムやベーコンを加えても、おいしくいただけます。
2人分
ズッキーニ 1本
トマト 大1個
ピザ用チーズ 30g
プロセスチーズ 20g
クリームチーズ 20g
マヨネーズ 大さじ1
切る
ズッキーニはスライサーで縞模様に皮をむき、1cm厚にカット。
切る
トマトはくし形に切る。
かける
耐熱容器にズッキーニとトマトを交互に並べ、チーズとマヨネーズをかける。大きめのチーズは適当なサイズにちぎってくださいね。
焼く
余熱したトースターで12~15分程度、マヨネーズとチーズが色づくまで焼く。(600w)
夏のはじめの熱中症に注意
梅雨が明けると、日本列島は一年でも最も暑い夏を迎えます。「梅雨明け十日」という言葉があるように、梅雨明けのタイミングで太平洋高気圧が勢力を強めて北上するため、35℃を超える猛暑になる所も少なくありません。

私たちの体は四季に対応し外気温が変わっても、体温を一定に保とうとする恒常性を持っています。暑いときには、汗をかいたり皮膚表面の血流を増やすことで体内の熱を外に発散し、平熱を保とうとします。しかし夏のはじめは体が慣れておらず対応しにくいため、熱中症に注意が必要です。とくに高齢になるほど気温に対する反応が鈍く、暑くなっていることを気づかずに避暑行動をとらないため、熱中症にかかる危険性が高まります。

熱中症を予防するには、じゅうぶんな水分と適度の塩分が必要です。夏野菜のズッキーニやトマトは、水分が豊富で体に水分が留まる時間が長く、体を冷やす作用があるので、熱中症予防にはうってつけの食材です。適切な水分と塩分補給、食卓に夏野菜をとりいれて元気にお過ごしください。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ