ナスのコンポートのアイス添え

ナスをワインシロップで煮込んだコンポート。ナスの柔らかい食感と、レモンをきかせた爽やかな甘みがバニラアイスとあう、おしゃれなデザートです。
②では落とし蓋と鍋蓋をして、弱火で15分煮込みました。煮汁が少なく焦げるようなら水を少し足して調整をしてくださいね。鍋のサイズによって、煮汁の必要量が変わります。大きいサイズの鍋の場合Aの割合で煮汁を増やしてくださいね。
2人分
ナス 1本
A 赤ワイン 60cc
120cc
グラニュー糖 20g
レモン果汁 小さじ1
シナモン 3ふり
バニラアイス 適量
シナモン 適量
ミントの葉 適量
切る
ナスは皮をむき、縦半分に切って5cmの長さにカットし、2~3cmくらいの幅にする。
煮る
小鍋に①とAを入れて、落とし蓋をして15分弱火で煮込み、粗熱がとれるまでそのままおく。シロップ量はひたひたくらいが目安です。
冷やす
容器を移し替えて冷蔵庫で冷やす。
盛り付け
③とバニラアイスとシナモンをふり、ミントの葉を飾る。
ナスで残暑をのりきろう
暦の上では秋を迎えていますが、まだまだ残暑が厳しく感じられる頃。朝夕はしのぎやすくなったものの、日中は内陸部を中心に30℃を超える夏日が続きます。そんな時は体のほてりをとる秋ナスがおすすめです。

『秋ナスは嫁に食わせるな』という諺がありますが、これは嫁の体が冷え過ぎるのを心配して言い伝えられてきたという説があります。ナスには体にたまった熱を取り去る作用があり、残暑でたまった体のほてりとりに有効です。またナスは炎症を抑える作用もあり、ヘタを黒く焼いて歯痛や口内炎の患部にあてると痛みがとれると言われています。また、軽いやけどの時には冷蔵庫で冷やしたナスを湿布がわりにあてると、炎症を和らげることができるそうです。

ナスは95%近くが水分で栄養面では特別なものは含んでいませんが、黒紫の皮の部分にはポリフェノールなどの老化を防ぐ働きがあり、血圧やコレステロールを下げる作用もあります。もう少し暑い日が続きますが、ナスを食べて残暑をのりきってくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ