ナスの肉味噌のせ

ナスにとり挽肉の味噌をのせました。ナスは揚げずに、少ない油で蒸し焼きにしているのでカロリー控えめで、とろんとした食感に仕上げています。
①で油をナスの皮に塗ることで、少ない油でも変色を少なく加熱することができます。
ナスが焼きあがったあと長くそのままにすると、色が変わるので、食べる直前に蒸し焼きにすると彩りがきれいになります。
2人分
ナス 4本
A とり挽肉 80g
赤味噌 大さじ1と1/3
砂糖 小さじ1
しょうがのみじん切り 2かけ分
大さじ1
ごま油 大さじ1/2
大さじ2
鷹の爪(種除いて) 1/2本
サラダオイル 適宜
大葉 4枚
みょうが 1/2個
切る
がくの周りに切り込みを入れ取り除く。包丁を縦に使いナスの上下3cmを残して切り込みを入れる。変色を防ぐため、皮面にサラダオイルを塗る。
焼く
フライパンにサラダオイル(大さじ1)をひき、ナスを入れて蓋をして弱火で10分蒸し焼きにする。途中、ひっくり返す。
レンジ加熱
耐熱容器でAの材料をよく混ぜ合わせ、蓋をしてレンジで2分半加熱する。途中いちどかき混ぜてほぐす。(500w)
のせる
ナスの切り込みに、大葉と③、千切りにし水にさらしたみょうがをのせる。お好みで山椒をふると風味豊かになります。
秋の食欲とナス
秋になって、これまで減退がちだった食欲が旺盛になり、食べるものがよりおいしく感じられる頃になります。秋に食欲が増すのにはいくつかの理由があります。

まず夏の間は暑さからくる疲労などによって胃腸の働きが弱まりますが、秋になり過ごしやすくなると胃腸の働きが活発になり食欲が増進します。また気温が下がる傾向にある中で、これから訪れる晩秋や冬に向けてエネルギーを溜めこもうとする生命維持本能があるため、秋は食べるものがおいしく感じられると言われています。いずれにしても秋はきのこ類や芋類など、味や食感がしっかりしたものが多く出回り、私たちを楽しませてくれますよね。

とくにナスは秋においしさが増します。これは昼夜の温度差が大きくなることで、締まった果肉ができるためで、秋ナスはギュッと締まった食感が特徴です。秋のおいしい食材をたくさん食べて、秋を楽しみたいですね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ