さといものティラミス

さといもを練り込んだティラミス。チーズの濃厚さとさといものコクで、味わい深いデザートになりました。口どけの良いリッチな仕上がりです。
①で加熱むらができないよう、大きいサイズのものは半分にカットしてください。
材料のきび砂糖とは精製しすぎていないコクのある砂糖の種類です。なければお手持ちの三温糖や上白糖で代用してくださいね。
5個分
さといも 200g
A マスカルポーネチーズ 150g
生クリーム 50cc
卵黄 1個分
きび砂糖 50g
ビスケット 8枚
B インスタントコーヒー 小さじ2
きび砂糖 小さじ1
大さじ3
ココアパウダー 適量
レンジ加熱
さといもは皮つきのままレンジで3分加熱(途中ひっくり返す)。粗熱が取れたら皮をむき、飾り用の5つを切りわける。(500w)
混ぜる
ビスケットは砕いてBをかけて混ぜ、器の底に平らに入れる。
ミキシング
飾り用以外のさといもとAをミキシングし②の上に流し入れ、冷蔵庫で2~3時間冷やす。
飾る
茶こしを使ってココアパウダーをかけて、飾り用のさといもを飾る。
冷えを解消する工夫
10月の上旬になると、北海道から紅葉前線が南下し、関東では11月中旬に、近畿地方の南部や九州でも11月後半に入ると紅葉が楽しめるようになります。一般的に葉の色づきは朝の最低気温が10℃を下回るくらいから始まり、1日の平均気温が10℃くらいになると見ごろを迎えるといわれています。

気温の低下で紅葉を楽しめる秋ですが、このころになると手足が冷たいなどの冷えの症状を抱えている人が女性を中心に多くなります。気温が低くなると私たちの体はふだんよりも体内で多くの熱を作る必要がありますが、血行不良やストレス、生活習慣の乱れなどから熱を体内で上手に生産できないなどの理由から冷えがおこります。

冷えの改善には、適度な運動や食生活の改善が大切です。食の面では、体を温めるニラや葱と、体内でエネルギー源になるさつま芋や里芋などを積極的に食べるようにしましょう。ひと雨ごとに気温が下がり、秋が深まる季節。運動や食の工夫で体を温め、活動的な秋にしてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ