戻る
  • 生活習慣病の予防に有効
  • スルメとにんじん入りの浸し豆
header
スルメとにんじん入りの浸し豆
所要時間:
20 分
(豆類を一晩水に漬ける時間は除く)
エネルギー:
____kcal
塩分:
____g
効能
血圧安定、抗酸化力、生活習慣病


材料
食材 (4人分)
大豆、青大豆、黒豆 戻したもの各70g
スルメ 40g
にんじん 40g
A しょう油 1/2カップ
1/2カップ

footer

header
① 豆はさっと洗い、ひと晩水に漬けて戻す。
② スルメは細かく割く。
③ にんじんは細切りにする。
④ Aをさっと煮立てる。
⑤ 豆類は火にかけ、煮立ったら弱火で約10分茹で、④に漬ける。
⑥ ⑤の粗熱が取れたらスルメ、にんじんを入れ、混ぜ合わせる。
⑦ 2~3日おいて味を馴染ませる。
footer

header
スルメはイカの素干し品で、生イカとは違う風味を持った食品です。タウリン、EPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)、ナイアシンなどの成分を含み、コレステロール低下、血圧調整作用、口内炎や口角炎の予防などの働きを持っています。栄養価に優れた豆類と抗酸化力の高いにんじんをしょう油と一緒に取ると、血圧が調整され、細胞の酸化が予防され、生活習慣病の予防に有効な食べ合せになります。黒豆の黒い色にはアントシアニン系色素のクリサンテミンが含まれ、抗酸化力に働きます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ