にらとキムチの肉豆腐

にらと豚バラ肉、キムチで栄養満点・ボリューミーな肉豆腐。仕上げはご飯で雑炊にしたり、おうどんやラーメンもおすすめです。
④で卵を割りいれる場合には流れやすいので、ニラやキムチで窪みを作ると、きれいに仕上がります。
2人分
にら 1/2束
豚バラ肉 200g
白菜キムチ 200g
木綿豆腐 1丁
300cc
醤油 大さじ2/3
砂糖 小さじ1
生卵 1個
白ごま 適量
切る
にらは4~5cm、豚バラ肉と白菜キムチは食べやすいサイズにカットする。豆腐は縦半分に切って2cm厚に切りペーパードライする。
煮込む
鍋にAと豆腐、キムチを入れて、蓋をして5分ほど煮込む。
肉を煮る
豚バラ肉を加えて、蓋をして豚バラ肉に火が通るまで煮る。
仕上げ
にらと卵をいれ、蓋をして卵が好みの硬さになるまで煮る。白ごまをふる。
にらで風邪予防
秋の楽しみのひとつ紅葉。葉の色づきは9月下旬に北海道の山から始まり、およそ2カ月かけて日本列島を南下し、11月の下旬になると東日本や西日本の平野部でも楽しめるようになります。北上する桜前線に対して、秋の紅葉の場合は紅葉前線といわれています。
紅葉は朝の冷え込みが8℃くらいになる頃が見ごろの目安なので、色づき始めた葉は冷え込みがしだいに厳しくなってきたことの目安でもあります。

さて、この時期に旬を迎えるにらはビタミンAが多く、100gで290μgREと厚生労働省が推奨する成人男性の1日の食事摂取基準のおよそ1/3をとることができます。ビタミンAは、皮膚や粘膜を正常に保ち風邪などのウィルスが体内に入り込むのを防ぎ、免疫力を高めます。また皮膚がカサカサになるのを防ぎ、潤いを与えてくれる働きもあるので、空気の乾燥でお肌の荒れが気になる季節は、積極的にとりたい食品です。

秋はひと雨ごとに寒くなるといいますが、深まる秋の気配は温かい食事をおいしくしてくれます。鍋料理ににらを加えたりアレンジをして、風邪予防をしてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ