水菜とじゃこのソフトふりかけ

水菜のシャキシャキ感とじゃこのうまみがおいしいソフトタイプのふりかけ。鉄分やカルシウムが豊富で、栄養価に優れたふりかけです。
多く作って冷凍保存できるので、小さなお子さんのいる家庭などで重宝します。大人だけの場合、お好みで輪切り唐辛子や粉山椒を入れてもおいしくいただけますよ。
100g程度
水菜 1束(200g)
じゃこ 10g
小さじ1/2
ごま油 大さじ1
かつお節 1/2パック(2.5g)
白ごま 大さじ1
しょう油 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/4
切る
水菜はよく洗い、5mmくらいにカットする。
塩でもむ
塩を加えて軽くもんで10分ほどおき、水分をしっかりきる。
炒める
フライパンにごま油をひき②を加え、水分をとばすように軽く炒める。
あわせる
じゃことAを加えて、中火で軽く炒める。
水菜で強い骨を作ろう
年末年始の頃になると、寒冷のシベリア大陸で育った非常に冷たい高気圧の冬将軍が周期的に張りだすようになります。日本海側や北の地方では大雪となり、本格的な冬を迎えます。冬至を迎え、一年で最も日照時間が短い時期です。

私たちの体を支えている骨。密度が高く丈夫な骨を保つためには外からカルシウムを多くとる必要があります。しかし、食べたカルシウムが骨に沈着するためにはビタミンDが必要で、冬は日照量が少なく肌でビタミンDを合成しにくくなるため、冬季や北欧の地方ほど骨密度が低くなっているという報告があります。冬季に丈夫な骨を維持するためには、屋外での軽い運動や、カルシウムとビタミンDを一緒にとることが大切。

この時期おいしくなる水菜は、カルシウムが豊富で100gに210mgも含まれています。この水菜とごまや干ししいたけなどのビタミンDを多く含んだ食品を一緒に食べて、冬でも丈夫な骨を維持したいですね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ