繊維たっぷりごぼうの豚丼

ごぼうのしゃきしゃきの食感と風味が豚肉とよく合う丼。砂糖やみりんで甘めに仕上げているので、お子さんでも食べやすいご飯です。
豚ばら肉は煮込みすぎると硬くなるので、煮込みすぎないように注意しましょう。
2人分
ごぼう 1/2本(100g)
豚ばら肉 160g
玉ねぎ 1/3個
サラダ油 小さじ1
しょう油 大さじ2
みりん 大さじ1
大さじ1
砂糖 大さじ1
米酢 小さじ1
120cc
ご飯 適量
小葱 適量
ささがき
ごぼうは皮を包丁の背でこそげ落とし、ささがきにして水に浸す。
切る
豚ばら肉は食べやすいサイズにカットし、玉ねぎは5mm程度にスライスする。
炒める
小鍋にサラダ油をひき、ごぼうと玉ねぎを火が通るまで炒める。
煮込む
Aと豚ばら肉を加え、アクを取りながら5分ほど煮込む。ご飯と一緒に盛り付け、小口切りにした小葱とお好みで紅しょうがを飾る。
ごぼうで糖尿病の予防・改善
1月も後半に入ると、冬の本番。北の強い寒気が周期的に日本付近に南下し、北国や日本海側の地方を中心に大雪をもたらします。朝晩の冷え込みがいっそう厳しくなり、体への負担か大きい時期です。またこの時期は新年会など外出の機会が多く普段とは異なる生活を強いられるため、血糖値のコントロールをしにくい時期といえます。

この時期に旬を迎えたごぼうは、水溶性の食物繊維が豊富で血糖値の急な上昇を抑える働きがあります。また腸をきれいに掃除し、糖尿病の大敵となる便秘を改善します。さらに悪玉の腸内細菌の繁殖を防ぎますので、コレステロール値の低下や動脈硬化の改善にも有効です。

日本では食用として広く食べられるごぼうですが、中国では血糖降下や消炎の働きの生薬として、欧米でも生活習慣病予防のサプリメントの原材料として使われています。寒く体に負担がかかる時期の体調管理に、ぜひごぼうを役立ててくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ