戻る
  • 動脈硬化や脂質異常の防止に有効
  • 刺身の塩麹和え
header
所要時間:
40 分
エネルギー:
____kcal
塩分:
____g
効能
免疫力、動脈硬化、脂質異常


材料
食材 (2人分)
サーモン、ブリ、イカ(刺身用) 合わせて200g
塩麹 大さじ2
わさび 好みで適量

footer

header
① サーモンとブリは削ぎ切りにする。
② イカは細切りにする。
③ ボウルに刺身と塩麹を入れて和え、約30分置く。
④ 器に刺身を盛り付け、好みでわさびを添える。
footer

header
サーモンとブリは不飽和脂肪酸のEPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)を豊富に含んでいる魚です。EPAは血小板の凝集を抑えて血を固まりにくくし、DHAは老化を防止し脳の機能を高める働きを持っています。イカには強い抗酸化作用を持つ遊離アミノ酸の一種であるタウリンが豊富に含まれています。塩麹に漬けることで魚の持つ栄養成分の体内吸収が高まり、免疫力が強化され、動脈硬化や脂質異常の防止に働きます。魚の良質な脂質は、生食すると無駄なく取り入れることができます。
footer


 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ