大根のベイクドチーズケーキ

角切り大根がアクセントのベイクドチーズケーキ。ほんのりの大根の風味と濃厚なチーズが嬉しいベジスイーツです。
シリコン型の場合は底だけ、アルミ型は底と側面に、キッチンペーパーをしいてください。④で型に入れた後10cmくらいのところからいちど落とすと、大きな気泡をのぞくことができます。
18cm型分
大根(葉も含め) 正味100g
クリームチーズ 200g
バター 30g
ビスケット 60g
グラニュー糖 大さじ1
レモン果汁 小さじ1
生クリーム 50cc
グラニュー糖 40g
全卵 1個
大根 30g
レンジ加熱
大根(葉を含め)は5mmくらいにカットしAと一緒に耐熱容器に入れ混ぜ、蓋をして3分加熱。粗熱がとれるまでそのまま置く。
底づくり
型の底にオーブンシートをしく。バターはレンジで40秒ほど加熱し、ビスケットと合わせて砕き、型の底にしき詰める。オーブンを180℃に余熱する。
ミキシング
クリームチーズは常温に戻すかレンジで30秒加熱し、Bと合わせてミキシングする。
焼く
③を半量だけ型に入れ、①をペーパードライし全体に広げて、残りの③を流し込む。180℃に余熱したオーブンで40分焼く。
花粉症対策はお早め
立春を迎え暦の上では春になりました。この先は少しずつですが、西高東低の冬型の気圧配置が緩んで南よりの風が吹いたり、日差しの暖かさを感じられる日が多くなりそうです。

さて、この時期になると目のかゆみや、鼻水などの症状があらわれる方がいます。各地で発表される花粉の飛散開始の発表は2月の終わり頃ですが、この飛散開始日とは観測するために設置した1平方cmに1個以上の花粉が2日以上連続して付着した初日のことをさします。そのため実際にはもっと早くから飛散が始まっていて、敏感な花粉症の方の場合は、目のかゆみやくしゃみなどの症状がその前からあらわれますので注意が必要です。

飛散量は前年の夏の気候に左右され、気温が高く日照時間が多いほど花芽がたくさん形成されるので多く飛びます。2012年の夏は全国的に日照量が多く高温傾向にあったため、2013年の飛散量は例年よりも多くなることが予測されています。花粉症の薬の場合は飲み始めから効果があらわれるまでに2~3週間かかるので、かかりつけ医と相談をして、早めに準備をしましょう。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ