大根のマスタードしょう油ステーキ

柔らかく味がしみ込んだ大根のマスタード風味のステーキ。下ゆでせずレンジ加熱で柔らかくなります。手間なし簡単、冬のご馳走です。
大根はレンジ加熱することで、柔らかくなり味がしみ込みやすくなります。
2人分
大根 12cm
バター 10g
しょう油 大さじ1
みりん 大さじ1
粒マスタード 大さじ1
切る
大根は3cm厚にカットし皮をむき、片面に格子状に1cmの深さまで切り込みを入れる。
レンジ加熱
耐熱皿に置きラップをして、6分加熱する。(500w)
焼く
フライパンにバターをひき中火で、大根に焼き色がつくまで両面焼く。
味付け
いったん火を止めAを加えて、たれの水分がなくなるくらいまで弱火~中火で絡める。
家屋内寒暖差に注意
2月も後半になると続いていた冬型の気圧配置が緩み、日本の南海岸を低気圧が通るようになります。低気圧の進むコースによって、これまで晴れ間が続いていた太平洋側の地域にもまとまった雨や雪がもたらされます。立春を過ぎ暦の上で春になったとはいえ暖房器具は手放せません。

さて、屋内と屋外との寒暖差、屋内でも居間や浴室との室温差は、心筋梗塞や脳梗塞などの循環器系の発作のリスクを高めるので注意が必要です。暖房のきいた温かいところから寒いところへ移動すると熱を外に逃がさないよう皮膚表面付近の血流が少なくなり、体の中心部を流れる血液が増加します。健康な体の場合には血流増減に対応できるのですが、例えば動脈硬化などが進んで血管がもろくなっていると、つまったり破れたりして発作を引き起こすのです。

発作を予防するためには、生活習慣病を改善し動脈硬化の進行を防ぐことと、自宅内の室温差を少なくしたり、外出の際にはマフラーや手袋を事前に着用するなどして、急に冷気にあたらないように工夫をすることが大切です。普段の生活を少し見直して、健康に初春を楽しんでくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ