戻る
  • 体力強化、記憶力、脳血栓や心筋梗塞予防に働く
  • 糠漬けイワシとしめじの卵どんぶり
header
糠漬けイワシとしめじの卵どんぶり
所要時間:
20 分
(体力強化、記憶力、脳血栓や心筋梗塞予防に働く)
エネルギー:
____kcal
塩分:
____g
効能
抗酸化力、血栓予防、体力強化


材料
食材 (2人分)
糠漬けイワシ 2尾
しめじ 1/2パック
長ねぎ 1/2本
1個
オリーブ油 大さじ2
ごはん どんぶり軽く2杯分
小麦粉 適量
付け合せ 漬物
だし汁 50cc
しょう油 20cc
砂糖 少々

footer

header
① 糠漬けイワシは表面の糠を取り除き、小麦粉をまんべんなくまぶしつける。

② フライパンにオリーブ油を熱し、イワシを揚げ焼きし、大き目の一口大に切る。
③ しめじは石づきを取り、手で割く。
④ 長ねぎは1cm幅の斜め切りにする。
⑤ 鍋にA、しめじ、長ねぎを入れて火にかけ、火が通ったらイワシを加えてひと煮立ちさせ、よく溶いた卵液を回し入れ、半熟状で火を止める。
⑥ どんぶりにごはんを盛り、⑤をのせ、漬物を添える。
footer

header
イワシは多価不飽和脂肪酸のEPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)を豊富に含み、アミノ酸バランスに優れたたんぱく質を持つ青魚です。糠漬けにすることでビタミンB1や乳酸菌がプラスされ、より一層栄養価が高まります。しめじと卵と一緒に取ると、しめじの食物繊維や抗酸化力、卵のレシチンなどの働きにより、体力強化、記憶力向上、脳血栓や心筋梗塞などの予防に優れた食べ合わせになります。乳酸菌には抗酸化力があり、しめじや不飽和脂肪酸の抗酸化力と一緒に、細胞の酸化予防がより高まります。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
ひきはじめの風邪に効く「ねぎの味噌スープ」と「ねぎの絞り汁」
長ねぎに含まれる硫化アリルは、発汗・解熱作用があります。風邪の初期には悪寒がして熱が出ないことが多いので、ねぎの薬効で体内を温め発汗を促します。
[作り方]
●ねぎの味噌スープ
ねぎ1本の白い部分を細かい小口切りにしてカップに入れる。小さじ1の味噌と熱湯を注ぎ、1日数回飲む。
●ねぎの絞り汁ねぎ3本をさっと湯がき、細かく刻む。ガーゼに包んで絞ると黄色い液が取れる。この液を就寝前に飲む。

 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ