戻る
  • 動脈硬化・高血圧・脂質異常の予防に有効
  • サバ缶とヒジキのしょう油麹ふりかけ
header
サバ缶とヒジキのしょう油麹ふりかけ
所要時間:
30 分
エネルギー:
____kcal
塩分:
____g
効能
動脈硬化、高血圧、脂質異常


材料
食材 (約100g強分)
サバ缶 内容量190g
ヒジキ(乾) 3g
にんじん 30g
しょう油麹 大さじ2
白ごま 大さじ1

footer

header
① ヒジキは水で戻し、よく水分をきる。長い場合は1cm長さに切る。
② にんじんは皮をこそげ、みじん切りにする。
③ 鍋にサバ缶の身を入れてほぐし、弱火にかけ、木べらで身をほぐしながら煎る。途中でヒジキとにんじんを加え、全体がポソポソにほぐれてきたら、しょう油麹を加えて味を調える。煎る時間の目安は20分。
④ 十分冷めたら、煎った白ごまを加えて混ぜ合わせる。
footer

header
サバは動脈硬化や心筋梗塞などを予防する不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(イコサペンタエン酸)、体のもとを作るたんぱく質、体に抵抗力をつけるビタミンB2を豊富に含んでいる青魚です。ヒジキはビタミンやミネラルを豊富に含む海藻で、特に豊富に含まれるカルシウムは、骨の成長や維持・高血圧や動脈硬化の予防・精神不安解消に働きます。サバとヒジキを一緒に取ると、動脈硬化や高血圧、脂質異常の予防に有効な食べ合わせになります。にんじんには血中の脂質を低下させる働きがあり、ヒジキの持つ浄化作用を高めます。ヒジキやごまの豊富な食物繊維と麹の乳酸菌が腸内環境を整えて便秘を予防し、コレステロール排泄をさらに促します。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
貧血やイライラに効く「ひじき煮」
ひじきには鉄分やカルシウムを始めとするミネラル類が多く含まれています。日常的に取ることで、貧血や精神安定に効果的です。ひじきとれんこんの煮付けは咳に効くといわれています。
[作り方]
水洗いしたひじきを好みの調味料で煮る。適量を食事の時に食べる。

頻尿に効く「焼いたにんじんの皮」
にんじんは血液のめぐりをよくしてお腹を温める働きがあります。冷えからくる頻尿や夜尿症の時につくってみましょう。皮にはカロテンが豊富に含まれています。
[作り方]
にんじんはよく洗い、皮をむき、フライパンできつね色に焼く。1回に食べる量は1本のにんじんの1/3位で十分。

05/14
当サイトにおける「ムチン」について
05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ

veg_a
  • ワンちゃんお散歩ナビ
  • 紅葉情報
  • スキー情報
  • 健康コラム
  • 健康天気ことわざ
  • 生きもの歳時記
  • お天気豆知識
  • 温暖化と生きる
  • 異常気象を追う
  • 風を歩く