菜の花と鶏肉のフリカッセ

菜の花と鶏肉を煮込んだフリカッセ。ワインとミルクで煮込んだ鶏肉は柔らかく優しい味。菜の花のほろ苦さがよくあう、春らしい一皿です。
①では鶏肉は観音開きで厚みを均一にし、白い筋に少し切れ目を入れてから4等分にすると焼き縮みを防げます。
2人分
菜の花 4~6本
鶏もも肉 1枚
玉ねぎ 1/2個
にんにく 1/2かけ
タイム 1本
A 小さじ3/4
こしょう 少々
白ワイン 100cc
牛乳 100cc
生クリーム 80cc
切る
鶏もも肉は1/4にカットしAをする。菜の花は2等分、玉ねぎは薄切り、にんにくは包丁の側面で押しつぶす。
炒める
小鍋で鶏肉の皮面を焼く。少し焼き色がつくくらいまで、にんにくと一緒に焼いてください。
蒸し煮
鶏肉は皮面を上にして、玉ねぎ、タイム、白ワインを加え、蓋をして弱火で10分ほど蒸し煮にする。
仕上げ
菜の花と牛乳を加えて弱火で3分ほど煮込み、生クリームを加え温まったら完成。皿に盛り付けお好みでミニトマトを飾る。
菜の花でデトックス
春の日差しが心地よく草花がのびのびと成長し、穏やかな陽気に包まれる春。3月の上旬には二十四節気で啓蟄(けいちつ)を迎え、地中で冬ごもりしていた虫たちも地上で活動をはじめる頃です。春の息吹を感じられる時期になりました。

「春に苦味を盛れ」という言葉があります。これは冬の間は新陳代謝が衰え体に老廃物が溜まりがちになっているので、気温が上昇し新陳代謝が活発になる春になったら苦味のある食材を食べて体に溜まった老廃物を外に出したほうがいいとする昔から伝わる諺です。春はうどやたらの芽、菜の花、蕗の薹など、苦味や渋みアクなどの個性豊かな食材が並びます。これは鳥や虫の餌として狙われないようにするための防御ですが、その苦味のある食材を食することで私たちは体の中をきれいにできます。

なかでも手に入りやすい菜の花は、βカロテンやビタミンB1、B2、Cなどをバランスよく含み、春の体を調えてくれる野菜です。また和食や洋食、中華など、アレンジしやすいので、積極的に食卓にとりいれて春の食卓を楽しんでくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ