菜の花とじゃが芋のポタージュ

菜の花のほろ苦さとじゃが芋の優しい甘さのポタージュ。菜の花の苦味が春の体を目覚めさせ、じゃが芋の甘さが心を温めるスープです。
②では焦げ付かないよう途中数回かき混ぜてください。焦げ付くようなら水を少々追加してくださいね。ヘラでじゃが芋を押すと崩れるくらいまで、火を通してください。
3~4人分
菜の花 1/4束
じゃが芋 1個
玉ねぎ 1/4個
バター 5g
小さじ1/2
100cc
A 牛乳 250cc
生クリーム 50cc
切る
菜の花は花先は5cmの長さ、ほかは小口切りにする。じゃが芋は1cmくらいの角切りにし水にさらし、玉ねぎはみじん切りにする。
蒸し煮
小鍋にバターをひき①と塩を加えて軽く炒め、水を加えて8~10分ほど蓋をして弱火で蒸し煮にする。花先は火が入ったら飾りように取り置く。
ミキシング
②とAを合わせてミキシングする。
温める
小鍋に移し温め器に注ぎ、取りわけていた花先を飾る。
菜の花で春の女子力アップ
南寄りの暖かい風が吹き花が咲きほこる春。分厚いコートを脱ぎすて、明るい色の服を着て外出を楽しめる季節になりました。冬の間は新陳代謝が悪くくすみがちだったお肌も明るくなって輝きを増し、街ゆく女性が美しくなります。

春を代表する食べ物のひとつである菜の花。独特のほろ苦さと香りが特徴で、煮びたしやからし和えはもちろん、生クリームと煮込んだ洋風のお料理でもおいしくいただけるなど、アレンジしやすい食材です。菜の花は栄養面でも優れていて、βカロテンやビタミン類が豊富で、とくに妊娠初期の女性は多く摂る必要がある体内でたんぱく質や細胞を作るときに欠かせないな葉酸は、小松菜の2倍も含まれています。また美肌に欠かせないビタミンCも小松菜の3倍近く含んでいて、美しい女性の象徴でもあるお肌を整えてくれます。

春の到来を告げる菜の花で体とお肌を整えて、女子力をアップ。輝く春の光が似合う美しい女性を目指してくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ