戻る
  • 血圧安定、整腸作用が期待できる
  • 大根とじゃがいものチーズあんがけ
header
大根とじゃがいものチーズあんがけ
所要時間:
30 分
エネルギー:
____kcal
塩分:
____g
効能
血圧安定、整腸、ダイエット


材料
食材 (2人分)
チーズ(シュレッド) 40g
じゃがいも 2個(160g)
大根 厚み3cmの輪切り(130g)
小エビ 30g
しいたけ 1個
昆布 5cm
水溶き片栗粉 片栗粉大さじ1/2+水大さじ1
ゆでたほうれん草 少々
大さじ1/2
少々

footer

header
① じゃがいもは皮をむき、2等分に切る。
② 大根は皮をむき、いちょう切りにする。
③ 鍋に昆布を敷き、じゃがいも、大根、たっぷりの水を注ぎ入れ火にかける。はじめ強火で煮立ったら弱火にし、具材がやわらかくなるまでコトコト煮る。目安は20分位。取り出した昆布は細く切り結ぶ。
④ 小エビは殻と背ワタを取り、2~3等分に切る。
⑤ しいたけは石づきと軸を取り、かさと軸を細切りにする。
⑥ 別鍋に③の煮汁1と1/2カップを入れ、煮立てる。
⑦ ⑥にしいたけを入れて火を通し、エビを加えてAで味を調える。
⑧ ⑦に水溶き片栗粉を加えてトロミをつけ、チーズを加え、チーズが溶けたら火を止める。
⑨ 器にじゃがいも、大根、結んだ昆布を盛り、⑧のあんを回しかける。
footer

header
大根は加熱すると胃腸を温めて消化吸収の増進に働く根菜です。じゃがいもは少量でも満腹感が得られるダイエット食として応用され、カリウムを豊富に含み、ビタミンCは加熱に強い優れものです。チーズと一緒に大根とじゃがいもを取ると、血圧安定や整腸作用に優れたヘルシーな食べ合わせになります。昆布に含まれる水溶性食物繊維のアルギン酸には、体内の余分な塩分を排出する働きがあり、より高い血圧安定効果を得ることができます。良質なたんぱく質が取れるダイエット食としてもおススメです。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
免疫力を高める「エビの殻の粉末」「カニの殻の粉末」
エビの殻には免疫力を強化するキチン質が含まれています。毎日、服用すると免疫力が高まります。同様にカニの殻にも豊富に含まれているので、無駄なく利用しましょう。
[作り方]
エビの殻はさっと洗い、よく炒めてから粉末にする。フリカケに混ぜたりして、毎日取るようにする。カニの殻も同様にする。

疲労回復・体力増強に効果のある「干ししいたけの塩湯」
各種ビタミンが豊富な干ししいたけは、疲労回復に効果があります。生しいたけよりも干した方が薬効も栄養素も倍増します。
[作り方]
干ししいたけ(大きいものなら1枚)はよく汚れを取り、細かく刻む。カップに入れて熱い湯を注ぎ、塩一つまみを加える。粗熱が取れてから飲む。

便秘に効く「じゃがいものおろし汁」
じゃがいもの絞り汁は昔から慢性的な便秘に効くと伝えられてきました。また、絞り汁を煎じたものは、胃潰瘍の特効薬として知られています。新鮮なじゃがいもを使います。
[作り方]
じゃがいもはよく洗ってから皮をむき、芽もていねいに取り除く。すりおろしてからガーゼで絞る。小さじ2杯を1日2回空腹時に飲む。胃潰瘍の時は絞り汁を黒くなるまで煎じたものを飲む。
※じゃがいもの絞り汁は時間が経つと変色するので、つくり置きはしない。

せきやたん、喉の痛みに効く「大根あめ」
ビタミンCが豊富な大根は昔からせきやたんを鎮静する食材として利用されていました。風邪によるせきやたん、喉の痛みによく効きます。
[作り方]
大根はよく洗い、皮ごと薄いイチョウ切りにする。ビンに大根を入れはちみつをヒタヒタに注ぐ。大根から水が出て浮き上がってきたらできあがり。大根を取り出して、透明な液を飲む。1回に飲む分量は小さじ1杯位で、1日数回飲むとよい。冷蔵庫で保存する。

ニキビに効く「大根のおろし汁」
毛穴に皮脂が詰まり、細菌が感染するニキビは、まず、清潔にすることが大切です。大根をおろした時の特有の辛みは硫黄を含んだ化合物で除菌効果があり、脂肪を分解する効果もあり、ニキビ退治に効果的です。
[作り方]
大根をおろす。カーゼにおろし汁を含ませ、ニキビの部分に4~5分付ける。顔を洗ってから付けるとよい。湯上りだと毛穴が開いているので効果的。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ