筍と苺のココナッツぜんざい

筍が入ったぜんざい。甘く煮た筍がアクセントになった普段とは違う春の和スイーツです。渋めのお茶と一緒に春の訪れを楽しんでくださいね。
お好みで牛乳などを加えて、お汁粉にしてもおいしくいただけます。
2人分
たけのこの水煮 70g
1個
あずきの水煮缶(加糖タイプ) 180g
ココナッツミルク 大さじ3
A 150cc
砂糖 大さじ2
切る
筍の穂先はくし形に、根元の硬い部分は5mmくらいの角切りにする。
煮る
小鍋に①とAを入れて、弱火で10分ほど煮て、粗熱がとれるまでそのまま冷やす。
混ぜる
②をザルにあけて水気を切り、角切りの分とあずきの水煮を混ぜ合わせる。筍の穂先は盛り付けで使うので、とっておく。
盛る
器に③、4つ切りにした苺、筍の穂先を盛り付け、ココナッツミルクをかける。
春は気温変化に注意
木蓮、桜、ハナミズキが順に咲き、本格的な春が訪れる頃。冬のあいだ寒に耐え、自分の咲きどきをまち一斉に咲く姿は、私たちの心を温め気持ちを前向きにしてくれます。いっぽう、春は関節痛やリュウマチなどの症状が悪化するケースが多いので、注意が必要です。

「春に三日の晴れ間なし」という諺があらわすように、春は低気圧が発達しながら日本海を短い周期で次々と通過し、天気がころころ変わります。気温変化も大きく、低気圧に向かって強い南風が吹くと、気温が上がり初夏のような陽気になります。いっぽう低気圧からのびる寒冷前線が通過すると冷たい北風が吹き冬のような寒さに戻ります。この気温差や気圧変化、雨が降り出すときの湿度の上昇などが患部を刺激し、関節痛やリュウマチなどの症状を悪化させるのです。

これらの症状を軽減・予防するには、天気予報を活用しましょう。まず天気予報をチェックして、雨の前には長時間の運動を控えたり、冷え込みそうな日には一枚羽織るものを用意したり、サポーターをあらかじめ装着し患部を冷やさないようにして、予防・軽減を心がけてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ