筍の満腹ヘルシーハンバーグ

筍の食感がうれしいハンバーグ。筍をたっぷり入れることでボニューミーでカロリー控えめ。赤ワインのソースがよく合うハンバーグです。
②で小判状に成形するときは火の通りを均一にするため、中央は少し薄くしてください。③の焼き時間は目安です。中から出てくる肉汁が透明になったら焼きあがりのサインです。
2人分
筍の水煮 80g
合びき肉 140g
玉ねぎ 1/4個
A しょうがのみじん切り 1/2かけ分
にんにくのみじん切り 1/2かけ分
溶き卵 1/2個分
塩、こしょう、ナツメグ 各少々
パン粉 大さじ2
B 赤ワイン 大さじ1
ケチャップ 大さじ1
中濃ソース 大さじ1/2
切る
筍の穂先はくし形に、根元は5mmくらいの角切りにする。玉ねぎを細かめのみじん切りにする。
混ぜる
筍の角切りと玉ねぎのみじん切り、合びき肉にAを加えて、肉にねばりが出るまでよくこねる。2等分してそれぞれ小判状に成形する。
焼く
フライパンに油をひき、②の片面に焼き色をつけたらひっくり返し、蓋をして弱火で4~5分焼く。あいた所でくし形の筍も一緒に焼いてください。
ソース作り
Bを耐熱容器に入れ混ぜ、ラップをしてレンジ(500w)で30秒加熱する。皿に③を盛り付け、ソースをかける。
春は筍でダイエット
4月に入るとこれまで不安定だった天候も少し落ち着いて、南風が吹く日中はスプリングコートも手に持って歩くような陽気になります。コートを脱ぐと気になるのが冬の間に体にたまった脂肪。そんな時は筍で、ダイエットに取り組んでみませんか。

シャキシャキの食感がうれしい筍は、食べてわかるように食物繊維が豊富。その食物繊維の量はレタスの3倍も含まれています。この食物繊維が、体にたまった老廃物や脂肪を体外に排出する働きがあります。また食物繊維は少量でも満腹感を味わうことができるので、カロリーを抑えながらもボリューミーな食卓を演出してくれます。また食物繊維はコレステロールの吸収を抑えたり、大腸がん予防の働きをすることもわかっていて、ダイエット中の人には嬉しい食材です。

現代、旬以外の時期でも食べられる通年野菜が増える中で、採れたての筍はこの時期にしか楽しむことができないごちそうです。旬の筍をたくさん食べて、冬の間に体にたまった脂肪を減らし、春らしいファッションを楽しみたいですね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ