しゃきしゃきレタスの棒棒鶏うどん

しゃきしゃきのレタスと蒸し鶏を楽しめる棒棒鶏うどん。お好みの野菜とカットレモンでヘルシーでさっぱり頂ける冷製うどんです。
レンジ加熱時間は500wを使用した時の目安です。鶏むね肉は加熱の後、ラップをしたまま粗熱がとれるまでおいてください。蒸し鶏やたれは早めに作って冷蔵庫で冷やしておくと、いっそうおいしくいただけます。お好みでラー油をかけてくださいね。
2人分
レタス 2~3枚
鶏むね肉 1/2枚
好みの野菜 適量
A 長ねぎ 5cm
しょうが 1かけ
白練りごま 大さじ3
しょう油 大さじ2
ごま油 大さじ2
砂糖 大さじ1
顆粒鶏がらスープ 小さじ1
大さじ2
茹でうどん 2玉分
切る
鶏むね肉は斜めにそぎ切りにし耐熱容器に並べ、軽く酒と塩こしょう(分量外)をふりかけ、ラップをする。
レンジ加熱
電子レンジで1分30秒加熱し、肉を上下をひっくり返し追加で30秒加熱。粗熱がとれたら繊維にそって手でさく。加熱ででてきた汁はたれ作りで使います。
切る
レタスは細切りにする。ミニトマトやカットレモンなど好みの野菜などを用意する。
たれ作り
Aと②ででた汁を合せてミキシングする。茹でうどんは冷水でしめ、蒸し鶏とレタス、好みの野菜と一緒に盛り付け、たれをかける。
レタスでイライラ解消・安眠
新緑の隙間から力強い日差しが降り注ぐ5月。五月晴れという言葉があるように、5月の晴れた日には清々しい空気に包まれます。気候がよく仕事や勉強などに没頭できる時期ですが、忙しさのあまりイライラしたり、疲労からなかなか寝付けないなどの症状がある方がいるかもしれません。そんな時はレタスを食べて、イライラを解消して安眠を心がけましょう。

レタスにはラクチュコピコリンという成分が入っていて、神経を落ち着かせ穏かに眠りに誘う作用があります。イライラを解消することで知られるカルシウムも含まれていて、ストレスを緩和する効果が期待できます。またレタスにはビタミンCやEも含まれているので、風邪予防や肌を整える効果もあります。

晴れた日には気温が上がり熱が体にこもりがちになる5月。レタスを使った生野菜を食べて、体をクールダウン。イライラを解消して、清々しい初夏の空気を楽しんでくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ