かたまり牛肉とレタスのオイスター炒め

薄切りで形成した牛肉は柔らかくジューシー。油でいためたレタスと一緒に食べてくださいね。
くこの実はスーパーの中華総菜コーナーなどで販売されています。くこの実はβカロテンやビタミンB1、B2などを多く含み、老化防止や滋養強壮、美肌などの効果が期待できます。
2人分
レタス 1/2個
牛肉の薄切り 200g
くこの実 大さじ1
A オイスターソース 大さじ1/2
紹興酒または酒 大さじ1/2
片栗粉 大さじ1/2
こしょう 少々
サラダオイル 大さじ1/2
ごま油 大さじ1/2
B オイスターソース 大さじ1/2
顆粒鶏がらスープ 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/4
切る
レタスは大きめに手でちぎり、ザルにあけ水気をきる。
揉みこむ
牛肉の薄切りは適当なサイズにカットし、Aを加えてねばりがでるまで揉み、10等分して成形する。
焼く
フライパンに油をひき、②を両面焼いて火を通し、別皿によける。
炒める
フライパンにごま油をひき、レタスとくこの実、Bを加えてしんなりするまで炒め、最後に肉を戻して合せる。皿に盛り付けお好みで白ごまをふる。
レタスで肝臓・腎臓の強化
5月に入ると一番北の北海道でも桜が咲き、東京や大阪では日中の最高気温が25℃を超えて夏日となるような日がでてきます。急な気温の上昇や、周期的に訪れるメイストームで気持ちが不安定になったり、体にも不調を抱える人が多いのがこの時期の特徴です。そんな時は旬のレタスで体の調子を整えましょう。

サラダやロールレタスなど洋風のイメージが強いレタスですが、日本での歴史は古くチシャという名前で10世紀頃から栽培されてきました。レタスの茎を切ると白い乳状の液がでます。これはサポニン様物質といい、苦味があるのと同時に食欲増進や肝臓や腎臓機能を高める作用があります。またレタスは安眠を誘導する効果があるので、夕食にサラダや油炒めなどで食べると、心地よい睡眠を促し、心身ともに安息を持てるようになります。

生食や加熱でもおいしくいただけるアレンジの多いレタスですが、鋼の包丁で切ると切り口や茶色く変色してしまいます。冷水で洗ったとは、手で食べやすいサイズにちぎるか、ステンレスやセラミックの包丁を使用してくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ