ピーマンとツナのささっと炒め

ピーマンをささっとツナと炒めました。軽く炒めたピーマンは苦味が少なくみずみずしくて、食感も楽しめます。我が家の3歳児も食べるピーマン料理です。
ツナ缶は、塩分・油分のないタイプを使用しました。加塩タイプなどの場合はしょう油の量を調整してください。
2人分
ピーマン 5個
ツナ缶(塩分・油分無添加) 1缶
ごま油 小さじ1
A しょう油 大さじ3/4
みりん 大さじ3/4
白ごま 少々
切る
ピーマンはヘタと種を取除き、細く切る。
炒める
フライパンにごま油をひき、ピーマンを油が回るくらいまで炒める。
炒める
Aと軽く汁けを絞ったツナを加えて、汁けがなくなるまで炒める。
ふる
器に盛り付け、白ごまをふる。
ピーマンで日焼けと目のトラブル予防
7月に入りと本州付近も梅雨の本番、大雨が降ったりやんだりと変わりやすい天気が続きます。雲がかかっていると紫外線対策を怠りがちになりますが、地表に到達する紫外線量は薄曇りの時は9割程度、厚めの雲がかかっていても5割、雨が降っている場合も3割ほど降り注いでいるので、この時期は注意をしてください。

この時期に旬を迎えるピーマン。つややかな緑色な果肉の中には、メラニン色素の生成を抑え、沈着したメラニン色素を除去する働きのあるビタミンCが多く、100gあたりを比較するとトマトの5倍、ピーマン1個で大きめのトマト1個分のビタミンCが含まれています。またピーマンのビタミンCは加熱に強いため、油で炒めてもほとんど損失することはありません。またビタミンCは美白のほかに、活性酸素を除去する効果があるため疲れ目はもちろん、目のトラブルを予防する効果も期待できます。

本格的な夏を前に、お肌や目のトラブルが気になる時期。日よけとサングラスで予防するのはもちろん、旬を迎えたピーマンを食べて元気に過ごしてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ