ピーマンのジューシーピザ

ピーマンをピザ生地にみたてて、手作りピザ―ソースとチーズをのせて焼きました。トースターで焼いたピーマンは甘味がきわだちジューシーです。
乾燥のオレガノがない場合には、乾燥バジルやパセリなどで代用してくださいね。お好みでタバスコを加えてもおいしくいただけます。
8切れ分
ピーマン 4個
ベーコン 1パック(45g)
A トマトの水煮缶(カット) 1/2缶
にんにくのすりおろし 1/2かけ分
小麦粉 小さじ1
乾燥オレガノ 小さじ1/2
1つまみ
ピザ用チーズ 適量
レンジ加熱
耐熱容器に、5mm幅に切ったベーコンとAを入れてよく混ぜ、ラップをせずにレンジで4分加熱する。加熱中はいちどざっくりと混ぜてください。
切る
ピーマンは半分にカットし、ヘタと種を取除く。半分に切って座りが悪いようなら、下部分の表面を少しだけ切り落としてください。
のせる
半分に切ったピーマンに、ピザソースとチーズをのせる。
焼く
余熱したトースターで、チーズに焼き色がつくまで7~8分くらい焼く。
梅雨の晴れ間の紫外線対策
ザーザーと強い雨が降ったりやんだりする梅雨の末期。太平洋高気圧の淵を回るように南から暖かく湿った空気が流れ込むため雨雲が発達しやすく、ときに集中豪雨をもたらし土砂災害を引き起こします。しかし雨雲がきれると、その隙間からは強い日差しが降り注ぐので、この時期は大雨と紫外線と両方の対策が必要になります。

地球に到達する紫外線はUV-AとUV-Bに分けられます。肌表面の細胞を傷つけ、、肌を赤くしたり、シミそばかす、皮膚がんの原因となるUV-Bは、気象庁のモニタリングによると盛夏のイメージが強い8月よりも7月のほうが高く、年間でもっとも多くなっています。このため梅雨の晴れ間や梅雨明け直後は、しっかりした紫外線対策が必要です。

この時期に旬を迎えている緑輝くピーマンは、メラニン色素の生成を抑えるビタミンCが多く、ピーマン1個で30mgもありレモンの果汁2個分に相当します。日焼けが気になるこの時期は旬を迎えたピーマンを食べて、体の中からも対策をしましょう。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ