戻る
  • 生活習慣病予防やダイエット食として優れている
  • 泡菜と緑豆春雨のスープ
header
泡菜と緑豆春雨のスープ
所要時間:
30 分
エネルギー:
____kcal
塩分:
____g
効能
コレステロール低下、脂質異常、糖尿病、ダイエット


材料
食材 (2~3人分)
泡菜 100g
緑豆春雨 30g
エビのむき身 30g
しょうが 1片
ねぎの小口切り 大さじ1
オリーブ油、塩、こしょう、しょう油、ごま油 各適量
酢醤油 好みで適量

footer

header
① 泡菜は細切りにする。
② 春雨はぬるま湯で戻し、3㎝長さに切る。
③ しょうがはみじん切りにする。
④ 鍋にオリーブ油を熱し、しょうが、ねぎ、しょう油を入れてさっと炒める。
⑤ 香りが出たら、泡菜、春雨、エビ、塩を入れ、水(3カップ弱)を加える。
⑥ 沸騰したら、火を弱めて2~3分煮、ごま油を加える。
⑦ 器に盛り、酢醤油と刻みねぎを添える。
footer

header
緑豆春雨は緑豆のでん粉から作られる春雨です。中国では古来より緑豆には夏バテやむくみを予防する効果があるとされ、広く一般的に使われています。主成分はエネルギー源となるでんぷんで、泡菜の乳酸菌と低カロリーなエビを一緒に取ると、脂質異常や糖尿病などの生活習慣病予防やダイエット食として優れた食べ合わせになります。泡菜の食物繊維とエビのベタインが血中コレステロール低下に働き、しょうがやねぎがその効能をさらに高めます。
footer


おばあちゃんの知恵袋。
クリックしてみて。
吹き出しを閉じる
免疫力を高める「エビの殻の粉末」「カニの殻の粉末」
エビの殻には免疫力を強化するキチン質が含まれています。毎日、服用すると免疫力が高まります。同様にカニの殻にも豊富に含まれているので、無駄なく利用しましょう。
[作り方]
エビの殻はさっと洗い、よく炒めてから粉末にする。フリカケに混ぜたりして、毎日取るようにする。カニの殻も同様にする。

ひきはじめの風邪に効く「ねぎの味噌スープ」と「ねぎの絞り汁」
長ねぎに含まれる硫化アリルは、発汗・解熱作用があります。風邪の初期には悪寒がして熱が出ないことが多いので、ねぎの薬効で体内を温め発汗を促します。
[作り方]
●ねぎの味噌スープ
ねぎ1本の白い部分を細かい小口切りにしてカップに入れる。小さじ1の味噌と熱湯を注ぎ、1日数回飲む。
●ねぎの絞り汁ねぎ3本をさっと湯がき、細かく刻む。ガーゼに包んで絞ると黄色い液が取れる。この液を就寝前に飲む。

05/01
本サイトに掲載の「ムチン」の名称や効用について、一部のお客様より否定的なご意見を頂戴しており、現在事実関係を精査しております。
03/31
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめとじゃこのソフトふりかけ]を追加しました。
03/23
「4コマレシピ」に新レシピ[わかめと海苔のうまうまナムル]を追加しました。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ