チンゲン菜と牛肉のあんかけ丼

しゃきしゃきのチンゲン菜と、牛肉のうまみのあんがおいしい中華風の丼。オイスターソースと野菜・牛肉の相性がばっちり、もりもり食べたい一品です。
③の片栗粉をまぶした牛肉はくっつきやすいので、ほぐしながら焼くのがポイント。牛肉は火を通し過ぎると硬くなるので、表面に色がついたらチンゲン菜の茎とBを加えてください。
2人分
チンゲン菜 1株
牛肉 160g
エリンギ 1本
にんじん 3~4cm
A オイスターソース 大さじ1/2
片栗粉 大さじ1/2
大さじ1/2
B オイスターソース 大さじ1
顆粒鶏がらスープ 小さじ1
砂糖 小さじ1/3
200cc
片栗粉 小さじ2
切る
チンゲン菜は葉の部分と茎の部分に分け、茎の部分は根元に切り込みを入れて6つに分ける。エリンギは1cm厚、にんじんは食べ野菜すいサイズにカット。
揉む
牛肉にAを合せ、軽く揉む。
炒め煮る
フライパンにサラダオイル(大さじ1/2)をひき、牛肉とエリンギ、にんじんを軽く炒め、チンゲン菜の茎の部分とBを加えて、1~2分煮込む。
とろみづけ
チンゲン菜の葉の部分を加えて、2倍の水で溶いた片栗粉をゆっくり様子を見ながら加え、とろみをつける。
9月は台風に注意
二百十日、二百二十日という言葉があります。立春から数えて210~220日ほどに当たる9月の初旬は稲が開花・結実する大事な時ですが、これまで台風の襲来によって被害を受けてきました。そのため厄日や荒れ日などといわれ警戒を呼び掛ける雑節のひとつとされています。

ここ30年の台風統計の平年値をみると、8月がもっとも多く発生数は5.9個、台風が300km内に接近した場合の接近数も全国では3.4個となっています。しかし、人口が集中している九州から関東地方にかけてのそれぞれの接近数は8月と9月を比較すると同じか、9月のほうがや高くなていて、関東甲信越では8月が0.9個、9月が1.1個と、9月のほうが接近の頻度が高くなっていることがわかります。雑節でいわれるように9月は台風の備えをきちんとしておく必要があるようです。

気象庁のホームページでは該当の台風や熱帯低気圧があると向こう5日間の進路の予報が発表されています。また週間の予報天気図などと合せると向こう1週間ほどの動きの可能性を確認することができます。身や農産物を守るためにも、台風への備えは早め早めにしてください。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ