ほうれん草の手作りボーロ

緑色が鮮やかなほうれん草のボーロ。サクッとした食感とほんのりの甘さで赤ちゃんのおやつにぴったり。大人が食べても懐かしい味がします。
④では水分が少ないぶん早く焼きあがるので、こまめに色合いをみて調整をしてくださいね。粉ミルクのかわりに、スキムミルクでも同じ分量で作れます。
60粒分くらい
ほうれん草の葉(生) 3g(2枚程度)
卵黄 1個分
砂糖 20g
粉ミルク 10g
片栗粉 60~70g
ミキシング
ほうれん草の葉の緑の部分と卵黄をミキシングする。分量が少なくてミキシングしにくい時は、Aの砂糖も一緒にミキシングしてください。
混ぜる
Aを加えて耳たぶよりもやや硬いくらいに混ぜ合わせる。片栗粉は硬さをみながら調整してください。
丸める
トースターの天板にオーブンシートをひき、②を1cmくらいの丸になるように成形して並べる。手のひらの腹の部分を使うと成形しやすいです。
焼く
余熱したトースター(600w)で、5~8分くらい、側面の下のまわりが少し色づくまで焼く。
ほうれん草で子供を応援
毎年12月7日ごろには冬の三番目の大雪を迎えます。寒さがいっそう厳しくなり、日中の外出にも厚手のコートが手放せません。いっぽう冬が旬の長ねぎやほうれん草は、寒くなると凍るのを防ぐため自ら糖度を高めるので、甘みを増してよりおいしくなります。

青々と葉を広げるほうれん草はご存知の通り、鉄分やβカロテンが多く造血作用があり、貧血予防や虚弱体質の方の症状改善に有効とされています。またほうれん草は子供の成長にかかすことのできない葉酸も豊富で、同じ緑色の小松菜と100gあたりで比較すると2倍の210μgも含まれています。葉酸は不足するとたんぱく質の合成がうまくできず、発育不全や口内炎ができやすくなるので、育ち盛りのお子さんや、乳幼児、妊娠中や授乳中の方はしっかりとるように心がけましょう。

師走でなにかと忙しい季節。栄養管理を怠りがちになりますが、ほうれん草で食卓に緑色と栄養をプラス。手作り料理でお子さんの成長を応援してあげてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ