ほうれん草のトマトクリームグラタン

ほうれん草とツナのトマトベースのクリーミーグラタン。濃厚な味わいで大人も子供もよろこぶメニューです。
①で茹でたあと粗熱が取れたら、ほうれん草は軽く水分を切ってください。
2人分
ほうれん草 1/3束
マカロニ 40g
ツナ缶 1缶
玉ねぎ 1/4個
トマト缶 1/2缶(200g)
小麦粉 小さじ2
はちみつ 小さじ1/2
生クリーム 80cc
ピザ用チーズ 適量
茹でる
マカロニは製品表示を参考に塩茹でをはじめ、茹であがる1分前に4cmにカットしたほうれん草を加える。湯だったらザルにあける。
レンジ加熱
玉ねぎは薄くスライスをして、耐熱容器でツナ缶の汁とAと一緒に、ラップをしないでレンジ(500w)で5分加熱する。途中いちどかき混ぜてください。
混ぜる
①と②、生クリームを混ぜ2等分して耐熱容器にうつし、ツナ缶の具とチーズを上にのせる。
焼く
余熱したトースター(600w)で、チーズに焼き色がつくまで6~8分焼く。
ほうれん草で風邪予防
街はクリスマスソングが流れにぎわいを増すものの、気分はすぐれず咳をする人も多くいます。太平洋側の地域では寒さに空気の乾燥が加わるので、気道が乾き抵抗力が下がり風邪などをひきやすくなるので要注意です。

あるアンケートによると昨年1シーズンあたり2回以上風邪ひいた人が多かったのは地域別で、日ごとの気温変化の大きい沖縄で、続いて太平洋側の都市の関東、東海、近畿、少なかったのは寒い北海道や東北、湿潤な北陸、山陰の順でした。風邪をひく回数は冷え込みの強さよりも、気温変化や湿度に関係があるようです。

風邪を予防するには、気温変化から体を守るために3つの首である手首、足首、首を冷やさないことと、室内の湿度管理が大事。また免疫力を高めるビタミンCをとることです。冬に旬を迎えるほうれん草はビタミンCが多く含まれています。ビタミンCは加熱に弱いので、ほうれん草は短時間で調理をするか汁ごと頂くなどのアレンジメニューで、おいしく食べてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ