ほうれん草のXmasクッキー

可愛いいほうれん草のクッキー。クリスマスをモチーフにチョコペンで飾りをしました。楽しく作ってXmas気分を盛り上げてくださいね。
②では少々粉っぽくてもまとめて寝かせると、しっとりした生地になります。③の焼き時間は目安です。側面の下が色づいたら焼きあがりのサインです。余熱したトースターの場合、600wで10分くらいを目安に焦げるようならアルミ箔で調整をしてください。
15枚分程度
茹でたほうれん草 30g
卵黄 1個分
バター(常温) 50g
グラニュー糖 50g
薄力粉 100~110g
アーモンドプードル 60g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
チョコペン 適量
ミキシング
茹でたほうれん草はしっかり絞って、Aをわせてミキシングする。ほうれん草はできるだけしっかり絞ったものを使ってください。
混ぜる
Bは混ぜ合わせてふるい①に加え、サッと混ぜ合わせる。練らずポロポロの状態になったら一つにまとめて、ラップにくるみ冷蔵庫で1時間寝かせる。
焼く
オーブンを170℃に温める。打粉をして4~5mm厚程度に伸ばして型抜きをし、オーブンシートを敷いた天板の上にのせ、170℃で15~18分程度焼く。
飾る
焼いた後は網の上で粗熱をとり、チョコペンでデコレーションする。
ほうれん草で目の疲れを改善
この時期、太平洋側の地方では乾燥した晴天が多くなると同時に、お肌や目のトラブルも多くなります。とくに現代人は、パソコンや携帯電話の普及により目への刺激が強く、瞬きの回数が減少しがちになり、目にかかる負担が大きくなっているので注意が必要です。

旬を迎えた食材で目のトラブルを軽減する働きがあるのがほうれん草です。ほうれん草に多く含まれるβカロテンは摂取すると、体内でビタミンAに変わります。ビタミンAは目の細胞や粘膜を正常に保ち、涙の量を一定に保つ働きがあります。光を感じる力が低下する夜盲症もビタミンAの不足が指摘されています。また暗闇に目が慣れるまでに時間がかかる方の場合も、βカロテンを多く摂るようすすめられています。

パソコンやスマートフォンは現代の生活に欠かせないものになりました。そのぶん目の疲労回復や目を働きを正常に保つ効果のあるほうれん草を食べるなど、目をいたわる食事を心がけてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ