カリフラワーとくるみのムース

カリフラワーの香りと、くるみのコク、キャラメルのほろ苦さがうれしいデザートムース。ちょっと大人味のリッチなスイーツです。
②でキャラメルは色が変わり始めると急に色が濃くなります。様子を見ながら早めに火からおろしてください。①を加えると飛び散るので、注意をして少しずつ加えてくださいね。
4人分
茹でたカリフラワー 正味120g
牛乳 100cc
くるみ 20g
粉ゼラチン 3g
グラニュー糖 40g
大さじ1
生クリーム 100cc
グラニュー糖 20g
シナモン 適量
ミキシング
茹でたカリフラワーとAを合せてミキシングする。事前にカリフラワーとくるみは飾り用に少しとり置くと、盛り付けに使えます。
キャラメル
深めの小鍋にBをいれて混ぜながら加熱。キャラメル色になったら火からおろし①を手早く少しずつ混ぜ、容器ごと冷水につけて冷やす。
泡立てる
別のボールにCを入れて、氷水で冷やしながら8分立てまで泡立てる。
混ぜる
③にしっかり冷めた②を加えて混ぜ、冷蔵庫で2~3時間冷やす。皿に盛りつけ、取り分けたカリフラワーとくるみ、お好みでシナモンを飾る。
カリフラワーで花粉対策
2月に入り立春を過ぎると、日ごとの気温変化はあるものの少しずつ寒さは和らぎ、日中は日差しのぬくもりを感じられる日が出てきます。春を前に気になるのが花粉。花粉は寒さのピークを超えると休眠を終了し飛散が始まります。花粉症は人口の25%が発症しているといわれていて、将来的には40%以上が患者になると予測をしている機関もあります。

花粉症対策で注目を集めている野菜が、カリフラワーやブロッコリーなどのアブラナ科の花蕾(からい)を食用とする食材です。花蕾とは未発達のつぼみの部分でビタミンCがとくに多く含まれており、コラーゲンの生成を促し、血管や粘膜を丈夫にする働きがあります。抗酸化力が高く花粉症の症状を緩和する働きがあるといわれています。またカリフラワーやブロッコリーにはイソチオシアネートという発がん性物質を抑制する働きも確認されています。

暦では春を迎え気温の上昇と比例して、飛散花粉量が多くなる頃。抗酸化力の高いカリフラワーやブロッコリーなどでバランスの良い食事を心がけ、花粉対策をしてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ