カリフラワーとサーモンのキッシュ

カリフラワーの素朴な甘みとスモークサーモンがよくあうキッシュ。ゆっくり火のはいったカリフラワーはほくほくして、格別のおいしさです。
①でパイシートに広げるときは、厚みは薄いところで1mmもあれば大丈夫です。卵液が漏れるのを防ぐため継ぎ目がないよう型に合わせて広く伸ばしてください。
18cmの型分
カリフラワー 1個(正味250g)
スモークサーモン 80g
玉ねぎ 1/2個
エリンギ 1本
バター 5g
小さじ1/4
こしょう 少々
冷凍パイシート 1枚
2個
牛乳 60cc
粉チーズ 大さじ1/2
台作り
冷凍パイシートは解凍し打粉をした台で麺棒で延ばし型に広げフォークで10か所くらい穴をあける。オーブンを180℃に余熱する。
炒める
カリフラワーは小房に、玉ねぎはスライス、エリンギは適当なサイズにカット。バターをひいたフライパンでAを加え、玉ねぎがくったりするまで炒める。
卵液作り
Bをよく混ぜ合わせ卵液を作る。①に②をのせスモークサーモンを隙間において、卵液をかける。
焼く
180℃のオーブンで45~50分焼く。中央に竹串をさして卵液が流れ出なければ完成です。
カリフラワーで肌を整えよう
春の光に誘われおしゃれを楽しみたくなる頃。明るい色の洋服を着るとお肌のくすみが気になりますよね。原因は血行不足と冬の間にたまった老廃物。本格的な春を前に、ビタミンCと食物繊維がが豊富なカリフラワーでお肌を整えましょう。

冬から初春にかけて旬を迎えるカリフラワー。緑色のブロッコリーほどポピュラーではありませんが同じアブラナ科で、キャベツの花蕾(からい)が肥大化したものがブロッコリー、そこから色が白くなったのがカリフラワーでです。カリフラワーは美白やコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCを豊富に含んでいます。また食物繊維も多くさつま芋や里芋などの芋類と同じくらいあり、老廃物を体外に排出する働きもあります。

カリフラワーのビタミンCは加熱をしても損失が少ないのが特徴です。サラダだけではなくスープやオーブン・蒸し料理などにも利用して、本格的な春の前にお肌の調子を整えてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ