セロリとじゃが芋のポタージュ

爽やかなセロリとほっこり甘いじゃが芋のポタージュ。じゃが芋は気を補い、セロリは気を巡らせます。高ぶりがちな春の心を鎮めるスープです。
②では焦げ防止に、とちゅう数回かき混ぜてください。ピンクペッパーはお好みでどうぞ。
3~4人分
セロリの茎 1本分
じゃが芋 1個
玉ねぎ 1/2個
バター 10g
小さじ1/2
白ワイン 大さじ1
牛乳 200cc
ピンクペッパー お好みで
切る
セロリの茎は飾り用に1mm厚を4枚、他は1cmくらいに切る。じゃが芋は1cmの角切りにし水につけ、玉ねぎはみじん切りにする。
蒸し煮
小鍋にバター、①、塩を入れ軽く炒め、白ワインを加えて弱火で蓋をしてくたくたになるまで10~15分蒸し煮にする。焦げるようなら少し水を足す。
ミキシング
牛乳を加えてミキシングする。
飾る
温めなおし、①で取り分けた1mm厚のセロリとピンペッパーを飾る。
セロリで春の健康管理
3月に入ると日差しがいっそう力強くなり、3月の上旬には啓蟄を迎えます。厳しかった冷え込みも緩み、冬ごもりしていた虫も活動をはじめる頃で、春は一年の中でもいい気候のイメージをお持ちの人が多いのですが、実際には「春は3日の晴れ間なし」という諺があるように、天候が変わりやすいので注意が必要です。

とくに春は気温の変動が大きく、日本海を発達した低気圧が通過すると全国的に強い南風が吹き気温が上がります。遠ざかると今度は北風に変わり真冬並みの寒さが戻ってきます。春の場合、一日内の気温差である日格差も大きく10℃以上になる日もあります。これらのことから健康管理が難しい時期なので、気をつけましょう。

この時節に旬を迎えたセロリは、余分な塩分を体外に排出するカリウムを多く含んでいるので、高血圧の方に多く食べてもらいたい食品です。また血糖値の上昇を抑える食物繊維も豊富なので、生活習慣病の改善や予防に効果的です。また香りは心を穏やかにする作用があるので、春は積極的にセロリを食べてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ