セロリと鶏ささみのナムル風

ナムル風のセロリと鶏ささみの和え物。セロリは薄くスライスし塩もみすることでクセが少なく苦手な方でも食べやすくなります。香りで心が和む一品です。
①の加熱ででた汁はとっておいて、④で一緒に和えてください。③では絞りすぎるとセロリの香りが薄まるので、軽く水分を切る程度でOKです。
2~3人分
セロリの茎 1本分
鶏ささみ 2本
小さじ1
塩こしょう 少々
小さじ1
ごま油 小さじ1
白ごま 小さじ1/2
少々
レンジ加熱
鶏ささみは耐熱容器に入れAをふりかけ、蓋をしてレンジ(500w)で1分加熱。上下を返し追加で1分加熱。粗熱がとれたら繊維にそって手で裂く。
スライス
セロリの茎はスライサーで薄くスライスする。スライサーがなければ包丁でできるだけ薄く切ってください。
塩もみ
②は塩(1つまみ)をして軽く揉み、2分くらい置いてから軽く絞る。
和える
裂いた鶏のささみと加熱時の汁、③、Bを合せて和える。
セロリの香りで新生活
3月も後半になると南の地方から桜の開花の便りが届くようになります。咲きどきを待ち一斉に花開く桜は卒業・入学シーズンの象徴です。春の訪れで気持ちが高揚する人も多いのですが、新生活を迎える人にとっては少々不安が入り混じる頃。そんな春は香りの食材でリラックスを心がけましょう。

春は芽吹きの季節で、セロリや芹、三つ葉など、香りの食材が旬を迎えます。とくにセロリには、気持ちを落ち着かせる働きのある成分が含まれていて、西洋医学の父といわれる古代の医師ヒポクラテスも「神経が疲れたらセロリが良い」という言葉を残したと言われています。また東洋医学から生まれた薬膳でもセロリは精神安定の食材に分類されており、昔から不安やイライラを解消する野菜として珍重されてきました。

セロリは食べるだけでなく葉などは入浴剤として風呂に入れて楽しむことができます。リラックスの香りを楽しめるほか、のぼせや湯ざめを防ぐ効果もあるので、生活に積極的にセロリをとりいれて、心穏やかに新生活を迎えてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ