苺とセロリの春シャーベット

苺の甘酸っぱさとセロリの爽やかさが嬉しいデザート。苺とセロリは精神を安定させる働きがあり、心が揺らぎがちな春におすすめのシャーベットです。
冷凍庫で凍らすときは容器によって、最初に固まる時間がかわります。様子を見ながら調整をしてください。
4人分
セロリの茎 1/2本
正味200g
砂糖 30g
30cc
レンジ加熱
砂糖と水を耐熱容器にいれレンジで30秒加熱し、よく混ぜ合わせる。
洗う
ボールに塩(小さじ1/2程度)と水を入れて苺を洗い、苺はヘタをとる。セロリは芯の部分を適当なサイズにカット。
ミキシング
①と②をミキシングして冷凍庫に入れる。ミキシング用の専用容器か、ボールに移し替えて冷やしてください。
混ぜる
冷やしはじめて1~2時間後に軽く固まったらスプーンでかき混ぜ、そのあとは1時間おきに2回ほどかき混ぜる。
セロリでイライラ防止
3月の後半になって南風が吹くと暖かな日差しに恵まれて、コートを手に持って歩く姿が多くみられるようになります。しかし春は急に気温が上がり陽の気に包まれることで、イライラしやすくなる場合があるので注意をしましょう。

季節の変わり目である春は風が強く、天候が安定しません。このため東洋医学では春風が怒りの感情をつかさどる肝気を刺激して、イライラしやすくなったり、怒りやすくなると言われています。また高血圧や不眠、めまいなども春を代表する症状の一つで、この時期は心を落ち着かせる行動や食材をとることが大事とされています。

春に旬を迎える食材には心を落ち着かせる香りのある野菜が多く、セロリや芹、クレソンなどもイライラを解消する作用があると言われています。とくにセロリは古代ローマにおいても精神安定の薬として使われていたそうです。そのほかセロリは高血圧を予防したり、安眠作用などもあるので、春は積極的に食べるよう心がけてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ