うどとベーコンのバターしょう油炒め

うどの皮の香りと食感を楽しめる一品。バターの風味で苦味がやわらぎ食べやすくなっています。おつまみやご飯のおともにおすすめです。
うどはアクが強いため酢水にさらしてアク抜きをします。長時間さらし過ぎると、風味が薄まるので1~2分程度を目安にしてください。
2人分
うどの皮 1本分
ベーコン 40g
バター 8g
しょう油 小さじ1
アク抜き
うどは4cm程度の長さにカットし厚めに皮をむき、酢水に1~2分ほどさらす。内側の柔らかいところは酢味噌和えなど別料理で使ってください。
切る
うどの皮は細長く、ベーコンは食べやすいサイズにカットする。
炒める
フライパンにバターをひき、うどとベーコンを炒める。
仕上げ
しょう油を回しかけ、味を調える。
季節の変わり目の風邪予防
4月の後半になると木々の葉も青々として、南風が吹いて日差しに恵まれた日には東京や大阪でも気温が25℃を超え、腕まくりをして街を歩く人の姿も見られるようになります。いっぽうまだコートが必要な日もあり、この時期は気温変化が大きく風邪など体調を崩しやすくなるので注意が必要です。

春はタラの芽やうどなどをはじめとする山菜が多く出回ります。最近では農業技術、輸送技術の向上により通年野菜が増える中で、春の山菜はこの時期だけの楽しみであり、この時期の健康管理には欠かせない食材です。なかでも食感と香りを楽しめるうどは、体を温め風邪の邪気をはらったり関節痛を和らげる働きがあり、独活(どっかつ)という名で生薬として漢方薬に配合されています。またうどにはアスパラギン酸というアミノ酸が含まれていて、新陳代謝を高めたり、疲労回復に力を発揮します。

季節の変わり目で疲れやすく体調を崩しやすい時期。気温に合わせた服装選びや食の工夫で体調を整え、風邪などをひかないよう気をつけてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ