クレソンとバナナのスムージー

クレソンの爽やかな香りとバナナの風味がうれしい、スムージ。クレソンはイライラを予防・改善する働きがあるので、朝ごはんのおともにおすすめです。
はちみつの量は、お好みで調整をしてください。冷凍バナナは保存できるので、多めに前もって冷凍しておくと便利です。
1人分
クレソン 2本
バナナ 1本
牛乳 120cc
はちみつ 大さじ1/2
切る
バナナは2cm厚程度に切り、ラップをする。
凍らせる
冷凍庫に4~5時間置き、しっかり凍らせる。
入れる
ミキシングの容器に、クレソンとA、凍らせたバナナを入れる。
ミキシング
しっかりミキシングする。凍ったバナナがしっかり砕けるまでミキシングしてください。
クレソンで初夏のだるさを改善
5月の中旬には夏の2節気目に当たる小満(しょうまん)を迎えます。万物が成長をする生命力あふれる季節ですが、気温が急に上がった時は体に熱がたまり、だるく感じることもあります。この時期は暑さに慣れていないため上手に熱を発散できず、内熱からくるだるさに注意が必要です。

クレソンは肉などの消化吸収を高めるためステーキなどの付け合わせの脇役として使われることが多いのですが、薬膳学からみた効能は高く主役にもなれる食材です。なかでも体の内側にこもった熱を冷ます清熱効果があり、体のだるさや疲労を改善する働きがあります。また血液の流れをよくすることで、血栓を予防する効果も期待できるので、暑がりの人や肉食中心の人にとっては積極的に食べてもらいたい食材です。

独特のほろ苦さが特徴のクレソンは、サラダやジュースで生で楽しめるほか、炒めものでも仕上げに加えるとお料理に奥行きを与えてくれます。夏のはじめのこの時期は、クレソンを食べて体調を整えてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ