もやしのお好み焼き風オムレツ

もやしと小葱で作るお好み焼き風のオムレツ。ふわふわの卵の食感としゃきしゃきのもやしの相性がよく、お財布にも嬉しいお料理です。
お好みで桜エビやツナ、チーズなどを入れてもおいしくいただけます。
2人分
緑豆もやし 100g
3個
小葱 4~5本
サラダオイル 適宜
塩こしょう 少々
お好み焼きソース 適量
マヨネーズ 適量
おかか 適量
青海苔 適量
準備
もやしは流水で洗いザルにあけ水分を切る。卵は割りほぐし、小ねぎは小口切りにする。
炒める
フライパンに薄くサラダオイルをひき、もやしを塩こしょうをして炒める。
卵を加える
③にサラダオイルを大さじ1追加して温め、卵と小ねぎを加える。はじめ1回大きく混ぜたら、2つに分ける。
仕上げ
卵がある程度固まったら、裏返し火を通す。皿に盛り付け、ソースやマヨネーズなどをお好みでかける。
梅雨の重だるさにサヨウナラ
春から夏に移行する時の日本の季節の特徴でもある梅雨。梅雨前線に向かって南から湿った暖かい空気が流れ込むため、各地蒸し暑いすっきりしない天気が続きます。高温多湿の時期は体に熱や水分がこもりがちになり、体が重だるくなるので注意が必要です。

薬膳学では高温多湿の環境では、胃腸周りの働きが弱り水分代謝が悪くなることや、十分な栄養が各臓器に届けられなくなることで、不調和が起き体が重だるく疲れやすくなると考えられています。これらを軽減するには余分な熱を下げる清熱作用や、むくみを解消する利水作用のある食品を食べることが大切です。緑豆もやしや大豆もやしなどのもやし類は、清熱と利水の両方の作用をもち、梅雨時の体調を整える効果が期待できます。また食物繊維の含有量はレタスやキャベツなどの葉野菜並みで、通便を促し腸を掃除する効果もあります。

もやしは安価に手に入り扱いが簡単なことや、アレンジ料理に応用できる点も魅力です。もやしを食べて、梅雨特有の重だるさを改善してくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ