もやしのおつまみ揚げ

サクッと衣の食感がクセになる、もやしの揚げ料理。味の付いた衣ともやしの相性がよく、スナック感覚で食べられます。揚げたてあつあつを楽しんでくださいね。
衣をサクッとさせるために、高めの温度でいっきに揚げるのがポイントです。小さな塊でばらばらになるように少量ずつ揚げてくださいね。
2人分
緑豆もやし 100g
小麦粉(下粉用) 大さじ1
顆粒コンソメ 小さじ1
大さじ4
マヨネーズ 大さじ1
小麦粉 大さじ3
ベーキングパウダー 小さじ1/2
揚げ油 適量
下粉をする
もやしは流水で洗いザルにあけ水気をきる。必要があれば軽くペーパードライをする。小麦粉(下粉用)をまぶし軽く混ぜる。
衣作り
ボールにAを入れよく混ぜ、Bを加えてさっくりと混ぜる。フライパンに油を1cmくらい入れ、180℃まで温める。
衣をつける
もやしはいちどに揚げられる分量だけ衣にくぐらせ、フライパンの油に広げる。大きな塊にならないよう、油に入れたらすぐにほぐしてください。
揚げる
衣が固まってきたら上下を返し、油の音がおとなし目になるまで揚げる。
財布と体に嬉しいもやし料理
例年6月21日または22日には夏至を迎えます。太陽高度が高く昼の時間がもっとも長い頃です。この先は梅雨の雨も最盛期を迎え暑さが本格化する頃なので、体調管理には注意が必要です。

私たちの体は、暑い時期は血液を体の中心よりも皮膚に近い外側よりに多く流すことや、かいた汗が蒸発することで体を冷やし、余剰になった熱を下げて一定の体温を保っています。しかし夏のはじめのこの時期は、体内の体温調整が上手にできないことや汗をかいても蒸発しにくいため、体に熱がこもりがちになるので、熱中症や体調不良に注意が必要です。

安価で財布に優しい食材として知られるもやし。もやしは薬膳では、熱を下げる清熱や、利尿作用を高めむくみを解消する作用があり、梅雨時は積極的に食べたい食品です。もやしはクセが少なく、揚げたり、蒸したり、炒めたりとアレンジしやすいのも特徴です。食卓にもやしをとりいれて、財布と体に優しい生活をしてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ