ごはんがすすむジャージャーもやし

甘辛の肉みそをかけたもやし料理。麺のかわりにもやしを使うことで、ヘルシーで食感がよくご飯の進む一品になりました。ビールのおつまみにもどうぞ。
お好みで豆板醤の量を調整してくださいね。大人の場合小さじ1~2程度がおすすめです。
2人分
緑豆もやし 200g
豚ひき肉 150g
干ししいたけ 2枚
さやいんげん 5本
生姜のみじんぎり 1かけ分
てんめん醤 大さじ1
醤油 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
豆板醤 小さじ1/2
片栗粉 小さじ1
洗う
干ししいたけは100ccのお湯で戻しみじん切りにする。もやしは流水で洗いザルにあけ、さやいんげんは斜め切りにする。
炒める
フライパンに薄く油をひいて温め、もやしを入れ軽く塩こしょうして、強火でさっと炒め皿に取りだす。
炒める
フライパンに薄く油をひき、豚ひき肉、干ししいたけ、さやいんげん、生姜のみじん切りを入れて火を通し、Aを加えて味をなじませる。
とろみ付け
しいたけの戻し汁に片栗粉を加えて混ぜる。③のフライパンに加えてとろみがついたら、皿のもやしの上にかける。
もやしで梅雨のダイエット
蒸し暑く感じられる梅雨の本格的なシーズンに入りました。梅雨時は雨降りで屋外に出る機会が少なく運動不足になることなどから、むくんだり太りがちになる方が多くいるようです。梅雨のあとは、薄着になる機会が増える真夏が控えていますので、この時期こそ体重増加に気をつけましょう。

この時期におすすめなのが、体にたまった余分な熱を冷ます作用や、むくみを解消する作用のあるもやしです。もやしは清熱や利水の作用のほか、食物繊維が豊富で通便を促進し、ポッコリお腹の改善やコレステロールを排出する働きがあります。100gあたりの食物繊維量を緑豆もやしとレタスで比べると、緑豆もやしは1.3g、レタスは1.1gで、もやしのほうが多く含まれています。またカロリーも低く100gでわずか14kcalと、ダイエットに適した食材です。

もやしは淡白な味わいでほかの食材と合わせやすく安価で手に入るので、お財布にも嬉しい食材です。本格的な夏を前にスタイルが気になる方は、もやしでダイエットをしてみてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ