しめじのバター明太和え

明太子とバターの香りがクセになる和え物。ビールのおつまみや、熱々の白いご飯と一緒にお召し上がりください。
②では焼き色がつかないよう、から入りするように手早く火を通してください。たらこでもおいしく作れます。大葉のほか刻み海苔もあいますよ。
2人分
しめじ 100g
明太子 30g
バター 5g
レモン果汁 小さじ1/2
大葉 3枚
分ける
しめじは絞った濡れ布巾で汚れをふき取り、石づきを切り落とし、小房に分ける。
から焼き
フライパンにバターをひき、しめじとレモン果汁を加え、中火で2~3分くらい水分をとばすようにしんなりするまで焼く。火を止めてそのまま冷ます。
和える
冷めたら、ほぐした明太子を加えて混ぜる。しめじが熱いまま加えると、明太子に火が入ってしまうので、冷めたことを確認してから和えてください。
盛り付け
大葉は千切りにして水にさらし、水気を切る。しめじを皿に盛り付け、大葉を上に飾る。
きのこで目指せ腸・肌美人
9月の後半になると続いていた残暑も落ち着いて、体力も回復し過ごしやすく感じられます。しかし空気が乾燥するため、肌のトラブルが増える頃で、肌荒れ、乾燥肌、アトピー性皮膚炎などは、秋から冬にかけて症状が悪化するので、注意が必要です。

『肌は腸をうつす鏡』といわれるように、美しいお肌を保つには腸の状態をきれいにしておくことが大切です。例えば、ひどい便秘が続き悪いものをお腹に抱えていると、血液を通して全身に散布され、新陳代謝が悪くなり、くすみ、かさつき、吹き出物などのトラブルを引き起こします。美しい肌を作るには、腸をきれいにしておくことが大切なのです。

秋に旬を迎えているきのこは、食物繊維が豊富で便通を促す働きがあります。また腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整え美肌に導く効果も期待できます。きのこは100gで20kcalと低カロリーなのも女性に嬉しい特徴です。きのこを食べて、腸美人・肌美人を目指してくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ