白きくらげとサーモンのカルパッチョ

白きくらげのコリコリの食感がうれしいサーモンの和風カルパッチョ。粒マスタードと醤油で作るたれとの相性も抜群です
仕上がりが水っぽくならないように、白きくらげは軽くペーパードライをしてから盛り付けてください。
2~3人分
白きくらげ 3g
サーモンの刺身 150g
小葱 1本
A 醤油 大さじ1/2
みりん 大さじ1/2
B 粒マスタード 大さじ1/2
ワインビネガー 小さじ1
ピンクペッパー お好みで
切る
白きくらげは、ぬるま湯に5分つけて戻し、流水で軽く洗う。石づきを取除き、小さめの食べやすいサイズにカット。ペーパードライする。
ソース作り
Aを耐熱容器に入れて電子レンジで15秒加熱、Bを加えて混ぜ合わせソースを作る。(500w)
切る
サーモンは薄くスライス、小葱は小口切りにする。
盛り付け
サーモンと白きくらげ、小葱を盛り付け、お好みでピンクペッパーを飾る。食べる直前に②のソースをかける。
秋は辛味で体調管理
10月に入ると朝晩を中心に肌寒さを感じるようになります。札幌では朝の気温が5℃近くまで下がる日もあり、厚いコートが必要な時期に入っています。秋は季節の深まりとともに気温が下がるので、健康管理には注意が必要です。

気温が下がると血行が滞り、肩こりや冷え、頭痛などの症状を引き起こします。また血液の滞りは大きな病気のリスクを高めることにもつながります。このため漢方がベースとなる薬膳では、秋は血液の流れをスムーズにし体を温める作用のある辛味を、ふだんよりも多めに取り入れることが大切だと考えられています。例えば、炒めものの隠し味に鷹の爪を一緒に炒めたり、料理の仕上げに一味唐辛子を軽くふりかけるなど、辛味をとり入れるようにしてくださいね。

ただ辛味は、汗をだらだらかくほどや、不快に感じるなどの量をとりすぎると熱を放出してしまうため、その後に体が冷えて、肌の乾燥を招いてしまいます。とりすぎには気をつけてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ