白きくらげのフカヒレ風スープ

白きくらげを高級フカヒレにみたてて作ったスープ。つるっとした食感が、リッチな気分にさせてくれる、心も体も温まるスープです。
③で鶏ささみを裂く時は、やけどに注意をしてください。お好みで仕上げに卵を加えてもおいしくいただけます。
3~4人分
白きくらげ 5g
鶏ささみ 1本
しいたけ 1枚
生姜のみじん切り 1/2かけ分
長ねぎのみじん切り 5cm分
400cc
醤油 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/2
少々
片栗粉 大さじ1/2
戻す
白きくらげはぬるま湯で3分くらい戻し、細切りにする。しいたけは石づきをとりのぞき、傘と軸をスライスする。鶏ささみは筋をとる。
煮る
小鍋に薄く油をひきAを入れて軽く炒める。香りが出たら①と水を加えて、鶏ささみに火が入るまでゆっくり煮込む。
味付け
鶏ささみは取り出して粗熱が取れたら、手で細かく裂き、小鍋に戻す。Bを加えて味を調える。
とろみづけ
片栗粉は2倍の水で溶いて③に加えて加熱、とろみをつける。
秋は体の内側から潤そう
秋から冬にかけて空気が乾燥する日本の気候。とくに秋のはじまりは、空気の乾燥や冷たい空気に体がまだ慣れていないため、空咳が出たり、鼻水が頻繁に出たり、痰が切れにくくなるなど、呼吸器系のトラブルが多くなります。こんな時は、気管支や肺などに潤いを与える作用のある白きくらげで、体の内側から潤いを与えていきましょう。

きくらげは中国の家庭ではふだんから使われる食材で、黒と白の種類があり、炒め物や薬膳食材として昔から食べられてきました。とくに白きくらげは保水効果を高める作用に優れていることなどから、呼吸器系や肌を潤す作用に優れていて、秋の薬膳料理には欠かせない食材になっています。またきくらげは、偏食が多い現代人に不足が懸念されている鉄分やカルシウムが多く含まれているうえ、低カロリーなのでスタイルが気になる方にもおすすめの食品です。

空気が乾燥する秋は、呼吸器系とお肌を潤す作用のある白きくらげを食べて、健康・美肌管理をしてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ