白きくらげと梨のぷるぷるゼリーよせ

白きくらげと梨を、甘酸っぱいゼリーでいただく冷たいデザート。白きくらげは、秋に乾燥しがちな肌を潤しぷるぷるお肌に導く食材です。
梨は味をしみ込ませすぎないようにするため、白きくらげやゼリーとは別の容器で保存します。梨で1つ、白きくらげとゼリーで1つ、合計2つの保存容器が必要になるので、気をつけてください。
4人分
白きくらげ 5g
1個
はちみつ 大さじ3
生姜のしぼり汁 1かけ分
シナモン 少々
200cc
粉ゼラチン 5g
レモン果汁 大さじ1
大さじ1
煮る
白きくらげはぬるま湯で戻し、石づきを取除き、食べやすいサイズにカットする。Aと一緒に小鍋で1~2分煮る。
煮る
梨は皮をむき2~3cm角にカットし、①に入れ再沸騰したら火を止める。梨だけ保存容器に移し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
混ぜる
Bを混ぜてふやかし、②の鍋に加えてよく混ぜて汁ごと、梨とは別の保存容器に移す。粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。
盛り付け
梨、白きくらげとゼリーを盛りつけ、お好みでミントを飾る。
楊貴妃も愛した美肌食材
秋晴れのイメージ通り、10月~11月初旬にかけて統計的に、晴れて爽やかな空気に包まれる日が多くなります。一方、空気の乾燥と朝晩の冷え込みから血行が悪くなり、肌荒れも気になりはじめる時期です。お肌がダメージを受けやすいこの季節は、世界三大美女に数えられる楊貴妃(ようきひ)も好んだといわれる美肌食材・白きくらげで美しい肌を目指しましょう。

白きくらげは、中華料理などで一般的に使用される黒きくらげに比べて少し高価な品になりますが、食物繊維が非常に豊富で、細胞を潤す働きがあると言われています。このため薬膳では、肌や呼吸器系を潤す食品に分類されていて、ぷるぷるの美肌に導いてくれる作用が期待できます。

白きくらげはお湯で戻すと5~10倍に膨れ、サラダやあえ物でそのまま食べたり、スープや鍋などの煮込み料理に加えることも可能です。手軽でアレンジしやすいので、秋は積極的に白きくらげを食べて、美肌を目指してくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ