白きくらげと胡瓜の梅和え

ぷるぷるの白きくらげの食感が楽しい梅和え。白きくらげは秋に乾燥しやすい肺を潤す作用があって、低カロリー。秋の健康・美容管理に嬉しい食材です。
仕上がりが水っぽくならないように、白きくらげときゅうりは軽くペーパードライをしてください。梅肉の塩分によって、最後に味を調えてくださいね。
2~3人分
白きくらげ 8g
きゅうり 1本
A 梅肉 15g
はちみつ 小さじ1/2
かつお節 1パック(2.5g)
戻す
白きくらげはぬるま湯につけて戻す。
切る
白きくらげは石づきを取除き、食べやすいサイズにカット。沸騰した湯に10秒くらいくぐらせザルにあける。粗熱が取れたらペーパードライをする。
塩もみ
きゅうりは1/4の長さの太めの千切りにし、塩を1つまみして2~3分置き、ペーパードライをする。
和える
白きくらげときゅうり、Aを混ぜ合わせて、味を調える。
きくらげでカロリーコントロール
実りの秋を迎え、栗やさつま芋、かぼちゃ、カツオなど、おいしい旬の味覚が食卓をにぎわす季節になりました。秋の食材は甘くしっかりとした旨みがあるものが多く、ほかの季節のものに比べるとカロリーが高いのが特徴です。このため食欲まかせに口に運ぶと、カロリーオーバーしがちになるので、低カロリー高機能の白きくらげで、カロリーと体を調整しましょう。

秋の薬膳で欠かせない白きくらげ、一般的ではないものの知る人ぞ知る秋に嬉しい食材です。その理由の1つが、肺や肌を潤す作用があるためで、潤い不足からくる空咳やカサカサ肌を改善する働きがあります。もう1つの魅力がカロリーが低いことで、茹でた場合100gで14Kcalしかありません。また食感が良くクセが少ないので、和え物やスープの具材はもちろん、煮崩れしないのでよせ鍋などでも楽しめます。

潤い不足と、体重増加が気になる秋。白きくらげで、カロリーコントロールをしてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ