ほくほく百合根のクラムチャウダー

ほくほくした百合根の食感と甘さがうれしいクラムチャウダー。我が家の子供の大好物です。百合根は心を落ち着かせ、安眠作用などがあります。
①では焦げ付かないように蒸し煮にしてください。ゆっくり火を入れることで、野菜の甘みが出ます。③では吹きこぼれないように、火加減を調整してください。
2人分
百合根 1/2個
冷凍シーフードミックス 60g
玉ねぎ 1/4個
にんじん 1/4本
茹でたブロッコリー 適量
A バター 5g
小さじ1/3
50cc
小麦粉 大さじ1
牛乳 200cc
生クリーム 50cc
炒める
玉ねぎはみじん切り、にんじんは5mm角に切る。小鍋に玉ねぎ、にんじん、Aを入れて、蓋をして5分蒸し煮にする。途中、1~2回かき混ぜて下さい。
切る
百合根は1枚ずつはがして流水で洗う。茶色く変色した部分は包丁でそぎとり、食べやすいサイズに切る。
煮込む
①は火を止めて小麦粉を加えて、混ぜる。百合根、シーフードミックス、牛乳を加えて温め、沸騰したら弱火にして5分ほど煮込む。
仕上げ
生クリームを加えて温まったら完成。器に盛り付け、茹でたブロッコリーを飾る。
百合根で質の良い睡眠を
11月中旬になると平野部でも朝晩を中心に冷え込むようになります。昼間の時間は短くなって夜の時間が長くなるので、ゆっくりと質の良い眠りをとりたいところですが、『なかなか寝付けない』『すぐに目覚める』など、不眠の症状を抱えている人が少なくありません。

不眠の原因を漢方で分けると、体内に不要な熱などがあるためイライラして眠れない実タイプと、必要な気や血が不足したり臓器の機能低下からくる虚タイプに分けることができます。実タイプの場合には、菊の花やセロリなど熱を冷ます食材、虚タイプは気血や臓器の働きを補うなつめや葡萄などの食材がおすすめです。

そして両方に欠かせないのが精神を落ち着かせる食材で、その効果が高いのが秋から冬に旬を迎える百合根です。百合根は、精神安定や滋養強壮、鎮咳などの効果があり、百合(びゃくごう)という名前で生薬としても活用されています。火が入りやすく手軽に使えるので、ぜひ利用して心を落ち着かせ、質の良い睡眠をとれるように工夫をしてくださいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ