百合根とソーセージのとまチーズ焼き

百合根の甘みとほくほく感がクセになるイタリア風トースター焼き。百合根ととまとのうまみがよくあいます。おかずやおつまみにどうぞ。
百合根は15分ゆっくり加熱することで、ほくほくで甘みが出ます。早くチーズに焼き色がつくようなら、アルミ箔をかぶせて調整をしてください。
2~3人分
百合根 1個
ソーセージ 2本
A とまとの水煮 1/2缶
にんにくのすりおろし 1/4かけ分
小さじ1/3
乾燥オレガノ 小さじ1/4
ピザ用チーズ 適量
レンジ加熱
Aを耐熱容器に入れ混ぜ、ラップをせずにレンジで2分加熱。粗熱が取れたら追加で1分加熱して、少し水分をとばす。(500w)
切る
百合根は1枚ずつはがし、変色した部分は包丁でそぎとる。ソーセージは1cm弱の厚さに切る。
のせる
耐熱容器に百合根、ソーセージ、①のソース、ピザ用チーズをのせる。
焼く
トースターで15分焼く。途中でチーズに焼き色がついたら、アルミ箔をかぶせて下さい。
百合根で呼吸器系を潤そう
11月後半になると朝晩の冷え込みは強まり、とくに高気圧に覆われて晴れた日の朝は、地上付近に冷たい空気がたまる逆転層ができいっそう冷え込みます。気温差による刺激に加え、逆転層によって普段よりも汚れた空気が地上付近に滞留するため、咳などの喘息の症状が悪化する人がいるので、秋は呼吸器系のトラブルに注意が必要な季節とされています。

肺や気管支など呼吸器系のトラブルを予防するには、潤して乾燥を防ぎ働きをよくしておくことが大切です。秋から冬にかけて旬を迎える百合根は、肺を潤し咳を止める作用があり、昔から咳止めや心を落ち着かせる食材として利用されてきました。呼吸器系を潤しておくことで、風邪やインフルエンザなどへの感染リスクも軽減することができます。

百合根はおせち料理など和食のイメージが強いのですが、サラダやグラタン、シチューなどの洋食にもアレンジができます。火も入りやすく、調理も簡単なので、色々と試してみて下さいね。
 レシピ検索
今週のレシピへ 4コマレシピバックナンバーへ